2006年4月24日

フィル・ウッズ(Phil Woods)

フィル・ウッズ←公式サイト

お勧めCD:ウッドロア woodlore.jpg

白人アルトサックス奏者のフィル・ウッズは、チャーリー・パーカーの影響を強く受けすぎて、 パーカーの死後、彼の未亡人と結婚してしまった。
これはパーカーの楽器が欲しかったからだという説も!
このアルバムは「パーカーになりたいんだよう」と思っていた彼がその呪縛から放たれ、自分のスタイルを確立してきた初期の作品で、 これぞアルト!といったリッチで明るいサウンドと流れるようなフレーズが快感。
軽快な曲から甘~いバラッドにいたるセンスの良い選曲など、 どこをとっても非の打ち所のない、アルトサックスのお手本がぎっしり詰まっています。
フィル・ウッズはセルマーをずっと吹いてましたが、最近ヤマハの新しいモデルを吹き始めました。このまえ、山野楽器で行なわれたクリニックでは「オレはヤマハから1円も貰っていない」と大声で言っていました。強調するところを見ると・・・?。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/3

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)