2006年4月24日

メトロノーム使ってますか?

練習にメトロノームを使わう人と、使わない人では上達に差が出るか?

「出ます」 (キッパリ!)

それと、メトロノームは昔からあるゼンマイ式が良いです。

電子音の小さいのは持ち運びに便利ですが、音が良くありません。
サックスはアクースティック楽器だから、やっぱりアナログのメトロノームで。

メトロノームの打音はドラムスのハイハットをイメージしましょう。 ひとりの練習時間が常にドラムスと練習しているイメージトレーニングになります。

ゼンマイ式を使う理由はもう一つ。
めんどくさいと思いますが、ネジを巻くことによって、
神経を集中し、次の音を出す心構えを作ることができるのです。

特にロングトーンのときも使わなきゃダメですよ。
四分音符=60で16拍(4分の4拍子で四小節ね!)がいつでも吹けるようにします。
最初は半分(8拍)でも良いでしょう。
徐々に長く吹けるようにがんばろう。
機械もなるべく人間的なものを選ぶ方が良いというお話でした。

一番良いのはウィットナー社製。信頼できるリズムパートナーって感じがして
私も愛用しています。↓
ウィットナーメトロノーム No.813M

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/7

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)