« 2006年04月 | メイン | 2006年06月 »

2006年05月31日

目を見開くといいことあるかな。

今日は目の周りの筋肉トレーニングです。

そんなことサックスで役に立つのかな?

役に立ったので、ご案内しておりますんですよ。


さあここでイメージしてください。

あなたは電車に乗っています。

トンネルの中です。

なが~いトンネルです。

今トンネルを抜けました。

目の前には真っ青な海が広がり太陽が燦燦と降り注いでいます。


あなたはとたんに重苦しい気持ちになり眼を閉じ、頭を抱えてしまったでしょうか?

もしそうだとしたら、音楽をやる前に心療内科を受診されることをお勧めします。

普通は目をパッチリと見開き、歓声を上げ、
子供なら「海だ海だ!」とはしゃぐでしょう。

このときの顔はおでこ(前頭筋)、眼の周り(眼輪筋)そして眉間(鼻筋)それぞれが持ち上がる結果、鼻腔が広がり声を出せば自然に大声が響いているはずです。

オペラ歌手はなんでいつもj顔がビックリしてるんだろうと思ったことはありませんか?

目を見開くことによって鼻腔を広げ、ノーマイクでもホールの隅々まで届く発声をしているのですね。

ジャズをやるにはデカイ音が必要になります。

「とりあえずデカけりゃいい」

という人もいるほどです。

さあこの目周りのの筋肉トレーニング(鏡を見てびっくりしたり元に戻したりするだけ。)を3分間したら、

サックスを持って吹いてみましょう。

そう、もっと息をたくさん吐いて。
さっきより、楽器響いてませんか?

2006年05月26日

チャーリー・パーカー入門2

オムニブックは音源を伴ってはじめて意味を成します。

クリニック常連のjetswingさんは一通りさらってからはじめてCDを買ったそうです。
僕はこの本の使い方はパーカーのCDを徹底的に聴き込みながら、音色、アーティキュレーション、リズム感、ブレス位置、など気がついたことをエンピツでどんどん書き込んで使うとさらにいいと思います。

練習を始めるには、まずこの2枚のCDを買っておきましょう。このパーカーの2枚はサックスを勉強する私たちの「永遠の目標」として、「サックスが上手い人たち」じゃなく、あえてテキストのカテゴリーに入れました。

世の中にパーカーの録音はそれは、それはたくさんあって海賊版も少なくありません。
また鑑賞するには「?」となる音源もありますが、この2枚は音質もすこぶる良く、あなたがパーカーの虜になるきっかけを与えてくれるはずです。

parker1.jpgスウェディッシュ・シュナップス

parker2.jpgナウズ・ザ・タイム

チャーリー・パーカー入門1

omni.jpgCharlie Parker オムニブック
オムニブック持ってますか?

omniってなんでしょう?「全」、「多」、「普遍」、「無限」等を意味するラテン語(接頭語)。これでビ・バップアルトの神、チャーリー・パーカー すべてがわかる!というわけでしょうか!?

僕は12年前、それまでの独学からはじめてジャズミュージシャンのコーチについたときこの本がテキストでした。
Fのブルース:Au Privaveをゆっくりゆっくりさらいました。でも、このとおり吹いたってパーカーにはなれなかった。
吹奏楽出身でこの譜面を完璧にさらえる人がいてびっくりしますが、どういうわけかジャズに聴こえない。

なぜでしょう?

それは、
吹奏楽は譜面が神様で、ジャズは演奏者が神だから。
こんなことを書くと怒り出す人がいますが、僕の一つの結論なのです。

パーカーの演奏したインプロヴィゼイション(アドリブ)を譜面にしたのであって、譜面を見てパーカーが演奏したのではないということを知らない人が多い。(テーマとコードチェンジ程度はパーカーが書いたものもあります)

クリニック常連のjetswingさん(ご本人の許可を得て掲載しております)は吹奏楽出身ですがAu Privaveフルコーラスをほぼ譜面どおりさらえるんです。(僕のクリニックで初心者じゃない人は彼だけなんです。)

「すごいですね。じゃ、見ないでどこまで吹けますか?」って譜面を閉じたら、

(⌒▽⌒)/"”やあ、どうも!

テーマ2小節目で上記の笑顔になられました。

「ジャズが分かった瞬間でした」とおっしゃられてその日はお別れしました。

その1ヵ月後「テーマと戦ってきました」と譜面を見ずに吹くと、見違えるような(聞き違える?)演奏になっていらっしゃいました。

omni bookはパーカーの演奏だけでなくビ・バップ分析に強力な味方となると同時に、ほとんどのジャズミュージシャンが一度は通る「関所」であり、壁にぶち当たったときにまた開いてみる「バイブル」みたいなものだと思います。

一方、ビ・バップスタイルを嫌ってわざと見ない人もいると聞きます。
でも、僕はサックスでジャズをやろうとするなら、一度はこの本がボロボロになるまで取り組む時期があっていいと思います。

2006年05月24日

馬面奏法その2

だいたい何のためにやるんだ?と思われるかたがいらっしゃると思います(僕もそうでした)。本日はもう少し解説します。

馬面奏法

実際楽器(もちろんサックスですよ!)を吹くときに、鼻の下を伸ばし頬を膨らませると、まさに下膨れの馬の顔になります。
そして下の歯茎を少し前に出してみましょう(もっと馬!)。すると下唇の圧力も小さくなるんです。そうアンブシュアを徹底的にリラックスさせるためなんですね。
馬面奏法は黒人のあのジャズの音の出る「唇」を目指しているわけです。

頬を膨らませるのはクラシックではタブーですが、のどを開くためです。
このとき顎の上の部分に皺=俗にいう梅干 が出来ていると思います。
気にしていないでください。出来ていて良いんです。
またまたクラシックではタブーですね。

僕の尊敬するジム・スナイデロ。彼のこの頬のふくらみが理想的です。

jim_playing_full.jpg

のどが開くとサックスとカラダが一体となって響くのが感じられるようになります。 今まで「音が細い」「音が貧弱」「ジャズの音じゃない!」という人は試してみてください。再度申し述べますがこの奏法は正規のクラシック奏法と両立はできません のでご注意ください。

その代わり今後練習するサブトーンやベントなどのジャズに欠かせない奏法が楽にできるようになります。

2006年05月18日

呼吸法で途方にくれるのをやめ馬面になる

さあて、皆さん腹式呼吸ですよ。フクシキ!
「腹式やれ、横隔膜呼吸やれ」っつったってはじめてじゃあ分かりませんよね。

笑い話なんですが、腹式呼吸ってホントにおなかに空気を入れると思ってる人が今もいるらしい。
そんなことしたらゲップが溜まるだけであります。

それと、 「俺は今<横隔膜を自在に動かして>腹式呼吸しているのだ!」 と言っているあのひと。本当だと思いますか?

実は横隔膜は不随意筋と言って、からだの中のコントロールできない筋肉なんです。 だけど教則本の中には「横隔膜を動かして」って書いてあったりするもんだから、 「チクショーオレの横隔膜は動かねー」と怒り心頭してしまうのですね。

その教則本は「結果として動いている」 ことを「動かして」と記述しているだけです。

私たちサックスを吹こうとする人間は、横隔膜がどうだこうだじゃなく、
とにかくサックスを吹くのに良い呼吸法はどうすればいいかを考えてみましょう。

腹式呼吸そのものの仕組みはほかのたくさんのサイト様が解説されているのでそちらでご覧ください→サックス★キングダムの江戸紫さんが分かりやすい動画で解説されています。当サイトではほかで紹介されてない一味違うコツをご紹介しますね。

1.顔を馬面にして眼を見開く。
笑ったな!でも、これポイントなのです。みんなの好きなキャンディ・ダルファー。彼女だってほら吹くときは鼻の下長いでしょ。

candy.jpg

鼻の下が短い人は、意識して長くしてください!?鏡を見ながらどうぞ。ほら、やって見りゃできるじゃないですか。
彼女は目をつぶってますが、僕たちは練習のときは眼を開けましょう。カッと眼を見開くとこの後の練習メニューで相乗効果があります。ボイストレーニングなんかでもこの眼を見開く練習をします。

この「馬面奏法」はアンブシュアを作る上でも役に立ちますが、今は何も考えなくていいです。

<つづく>

2006年05月17日

ジャッキー・マクリーン2(Jackie Mclean)

maclean02.jpg お勧めCD:マクリーンズ・シーン
本日5月17日はマクリーンの誕生日であります。そこで今日は管理人の彼のフェイバリットアルバムをご紹介。

僕はブルーノート時代よりも若いプレスティッジ時代の吹込みが好きです。

演奏自体はぎこちなかったりするんだけど(リハ不足?)、この頃のマクリーンは、何というか
「僕はアルトサックスを吹くんです、練習中なんです、聴いてくれますか?僕はジャッキー・マクリーン!」
みたいな、いうなれば、早稲田大学モダンジャズ研究会に道場破りに来た東村山大学(なんだそれ)の元気のいい大学一年生みたいなのだ。

サックスが好きで好きで好きで好きなんだよう!!!そんなどうしようもない気持ちを小粋なスタンダードナンバーに直球でぶつけてくるマクリーンがたまらなく愛しいのであります。

2006年05月11日

ジャッキー・マクリーン(Jackie Mclean)

coolst.jpgお勧めCD:クール・ストラッティン
このアルバムリーダーはピアノのソニー・クラーク。
もしあなたがジャズをあんまり知らないけど「知りたい!」という位置に立っているとすれば間違いなく聴くべきはこのアルバムでしょう。

この録音は1958年。僕はその約30年後の1986年、第1回マウントフジジャズフェスティバルでジャッキーマクリーンとウッディ・ショウのフロント2人からこのタイトル曲の出だしユニゾン

「♪ぱぱ~ぱ」

の音が出たとき、会場全体から怒涛の歓声が湧き上がったのを忘れることができません。

本家アメリカではこのアルバルは不人気盤だったそうですが、日本では物凄く売れました。今もジャズ入門アルバムとしては根強い人気です。
そして当サイトからお勧めする理由の一つにジャッキー・マクリーンのアルトサックスの音があります。
彼はよく「音痴」だの「ピッチがヤバイ」だの言われた人。確かに?というところもないではないですが、その独特な硬質で人間的哀愁を帯びたある種叫びのようなサウンドは聴く人を強く惹きつけます。そして、彼のあといわゆる「僕はマクリーン直系ですっ!」というアルト吹きも登場してない気がするのです。
その意味でもワンアンドオンリー。ソニー・ロリンズの項で「ロリンズ節」といいましたが、彼も「マクリーン節」といわれる独特のサウンドを持っている一人です。今年3月惜しくも他界してしまいました。合掌。


50年代はプレスティッジレーベルに元気溌剌な録音を残しておりますが、ブルーノートに移籍し、本作以降はだんだんとジャズ通好みのアグレッシヴな世界へ突入していきます。こちらはまた別の機会にご紹介しますが、マクリーン入門篇として先ずはこの辺からまいりたいと思います。

え?2曲目のブルー・マイナー吹いてみたいって?そうでしょう、そうでしょう。あなたいい耳してますよ。

2006年05月09日

ソニー・ロリンズ(Sonny Rollins)

rollinz.jpgお勧めCD:サキソフォン・コロッサス


テナーサックスの方お待たせです。まずロリンズ。好き嫌いは別にして、とりあえずこのアルバムは聴いておきましょう。テナー吹きのくせにこのアルバム知らないともぐりになります。
陽気な「ロリンズ節」で有名ですが、その独特のリズム感を感じてみてください。
特にカリプソ=ロリンズという図式があるほどです。
陽気なリズムに『セント・トーマス』ってメロディーは合いますよね。
あ、「カリプソって何?」の人います?
カリブの伝統音楽ですよ。

去年の秋、引退公演で来日したとき、朝日新聞のインタビューでこんな風に応えていました。

「僕はね『ジャズは好きじゃないが、君の曲は好きだ』と言われることがあるんだよ。他のプレーヤーと違いがあるとすれば(両親の出身地の)カリブ海音楽になじんでいることかな。ビーチとダンス。カリプソは楽しい音楽だけど、植民地支配への抵抗運動の歌でもあったんだ」

こんなコメントを聴くと、単に『ネアカ』なのがロリンズ節ってわけでもないことが分かります。

私の学生ジャズ研時代、先輩から

「ロリンズごっこするからフレーズ吹くなよ」

って言われてワンノートでリズムトレーニングをさせられたのを思い出しますが、必死で能天気にやることしか考えてなかったかもしれません。

でもビートに乗ってワンノートでソロをとるのはリズミックなアドリブの練習になりますね。


彼は楽器にはほとんどこだわらず、マウスピースも「何でもいいよ」という感じらしい。 何を吹いてもロリンズに聴こえてしまう凄い人。今はセルマーの新しい楽器を使っています。

2006年05月08日

ジャズアルトのマウスピースは?

さて、マウスピースです。これはもうほとんど病気の世界です。
管理人の経験談をお話しますね。
僕は最初フュージョン小僧だったのでソプラノにはバリのMP、アルトにはデュコフのD8を付けてビャービャーいわせていました。
でも1年で飽きました、というか吹きこなせなかったのですね。
初めから遠回りでもいい!「オレはサンボーンになるのだ」「ケニーGになるのだ」それも人生ですけれど・・・。

というわけで、買った楽器についてきた付属のMPに物足りなさを感じたら、アルトならメイヤーの5MMをまず買いましょう。
なぜメイヤー5MMか?

番号のというのはメイヤーの中庸の開き(ティップオープニング)
MMというのはミディアムフェイシング/ミディアムチェンバーのことで、要するにもっとも「普通」で普通のジャズのアルトサックスの音がするわけです。

このド定番がある程度吹きこなすことができれば、 「病気」が重くなったときでも随分と楽です。
個性的なマウスピースはこのあとに買いましょう。
回り道人間からのアドヴァイスでした。
持ってないので買っておく人は、
アルトサックス メイヤー ラバー

奏法についてのお断り

さて、ここでお知らせしておきますが、当サイト管理人はサックスについては正規のクラシック奏法は得意ではありません。(フルートは芸大の先生にみっちりコーチを受けました)

なので、「知らないこと」に起因するクラシック方面の方にとって不愉快な表現、 クラシックの奏法では明らかな間違い、とされることも述べることがあるかもしれません。

ですが、このサイトは主にジャズ・ポピュラー向けのコンテンツになりますので、管理人がコーチから教わった内容でご参考になると思われるモノをご紹介いたします。

クラシック・サックスを本格的に学びたい方は、当サイトの内容は中年ジャズサックスオヤジの【たわごと】程度にお考えいただき、クラシック専門の先生のサイトをご参考にされることをお勧めします。

サックスが始めたくなったら

初心者の人はちゃんとした先生というかコーチにつくのがいいです。
自己流や知ったかぶりの先輩(ごめん!) に教わるとその癖を直すのが大変。 まず、いいコーチにつきましょう。

自分の好きなミュージシャン(格好=ルックスより音色で決めましょうね)に直接手ほどきをしてもらえれば最高かもしれません。
でも、そのミュージシャンがコーチの仕方については上手いとも限らないのは残念ながら事実のようです。
以下の先生方はお弟子さんの数がそれを物語っています。しかしそれだけでなく、 人柄の良さや、もちろん音色の素晴らしさで教わって間違いのない方々だと思います。
ちなみに管理人の師匠は山中先生でした。 山中良之先生
菊地康正先生
村岡建先生
内桶好之先生

2006年05月02日

これで完璧!サックスの基礎

kanpeki.jpg 「これで完璧!サックスの基礎」

本当にこれで完璧!かどうかは分かりませんが、とてもいい教本だと思います。 サックスを始める人、演奏上いきづまりを感じている人、もう一度サックスを基本から見つめてみようと思う人々に、楽器の知識、アンブシュア、フィンガリングなど、サックスの基礎について紹介しています。 購入時のポイントや著者の経験談など読み物としてもGOOD。 帯の「吹けば心の響きあり」に共鳴して管理人も購入しました。 管理人の奏法との違いはありました。
でもこの本読んで、またダブルリップ止めてるんですよね。フルートとのダブリングが多くなってきたから。

  

サックスのテキストは迷いますねえ

さあお待ちかね、教則本のコーナーです。
わっはっは!買いました、買いました! 私の本棚は山野楽器の楽譜売り場か、というくらい半分もこなせなかった教則本が詰まっています。
古いものは小鳥の絵が描いてある
「かわいいがくてん」
(かわいいのは表紙だけで中はイタリア語の表情記号とか結構本格的)とか ジャズでは渡辺貞夫さんのジャズ・スタディ、そして有名なパターンフォージャズは勿論あります。25年前のジャズ教材はデルボ(理論書)とこの二冊しかなかったんですよ。
いまはいいですねえジェイミーなどのマイナスワンも豊富だし。 でも多すぎてどれが一番適しているのか分からん!という方も多いと思います。


こちらのMENUでは

①とにかくなんかしなきゃの方々にご紹介最近の新しい教則本ベスト10
②サックス吹きなサイトレギュラー会員様(なんじゃそりゃ)用ベスト7
③管理人秘密練習のお供ベスト3


をご紹介いたします。

2006年05月01日

レッスンについて

《サックス吹きなサイト》も皆様のおかげを持ちまして、サイト開設5周年となり累計訪問者数も31万6千人を越えました。どうも有り難うございます。(2008年3月現在)
この間「レッスンは行なわないのか?」というお問い合わせを度々いただいておりました。
管理人タコはいわゆるプロのミュージシャン(アーチスト)ではないので、それでもかまわないとご理解いただける方のみ アドバイス程度のレッスンをさせていただいております。

そして、最近初心者の方を中心に「アドバイスが欲しい、間違ってるとこだけ見て欲しい」というメールをいただく機会が多くなりましたため、
レッスンについて【オープン情報】とさせていただくことと致しました。


《サックス吹きなサイト・クリニック》

1.音楽教室に通うのが億劫だ。近くに習うところがない。
2.音楽教室は入学するとある程度カリキュラムにしたがってやらなければならないので、   自分が続けられるかどうか不安。
3.プロのレッスンってなんか怖い感じがして敷居が高い。
4.レッスンというほどじゃなくて、ちょっと間違いかどうか見て欲しいだけ。
5.自己流でやりたいが、とりあえず人の意見も聞いておきたい。

という様な人のためのレッスンです。
なので、1回で「そうか分かった!」となる人もいるでしょうし、
3回ぐらいで「あとは自分でやってみる」という方もいらっしゃるでしょう。
ですので、レッスンというよりは「クリニック」的な色合いが濃いかもしれません。

もちろん、このクリニックを気に入っていただき、継続して通われている方もいらっしゃいます。
ですので、1回だけ希望の方でも入会義務はありませんのでお気軽にお問合せください。

★初心者向けメニューは次の3つです。


<1>サックス・ファーストステップ
(for Student)


■ サックスの超初心者が対象です、音を出すのが辛い・苦しい・まったく出ない。
■ 音は出るが、アンブシュア、タンギング、腹式呼吸の方法がよく分からない。
■ セッティングが正しいのかどうか分からない。
■ 練習の仕方がまるで分からない。

という学生の方対象です。1クリニック50分¥1,000(スタジオ代別)

クリニック時間帯(水曜日14:00~18:00)

※18歳未満の方は保護者の方に必ず許可を得てください。また、18時以降のレッスンはお受けできません。


<2>サックス・ファーストステップ
(for Grown Up )


■ サックスの超初心者の社会人が対象です、音を出すのが辛い・苦しい・まったく出ない。
■ 音は出るが、アンブシュア、タンギング、腹式呼吸の方法がよく分からない。
■ セッティングが正しいのかどうか分からない。
■ 練習の仕方がまるで分からない。

という大人の方(20歳以上の社会人)対象です。1クリニック50分¥2,000(スタジオ代別)

クリニック時間帯(木曜日14:00~20:00)


<3>サックス・ファーストステップ ・PLUS

■ 少しは吹けるんだけど壁が立ちはだかってしまった!
■ メロディーをきれいに吹くには?
■ ジャズを吹きたいがどう始めればよいか?
■ アドリブって、手も足も出ないんだけど・・・。

という学生・大人の方。ともに1クリニック50分¥2,500(スタジオ代別)
クリニック時間帯(曜日不定14:00~20:00、18歳未満の方は18:00まで)


お申し込み: → サックス吹きなサイト・クリニックへメール

★当サイトは一人でも多くサックスを気軽に楽しんでいただけることを目的にしております。
このため費用を極力お安くしたいので秋葉原にあるスタジオの個人練習枠を使います。 そのためスタジオ代はその時間帯により変動します(¥1,260~¥1,680 : 2006年9月1日改定)。


★また女子学生さんなど、お一人では申し込みにくい方々のために、

【グループクリニック:50分¥2,000~5,000(2~5名まで)】
スタジオ代別
この場合、個人練習枠ではなくなるのでスタジオ代は¥1,570~になりますのでご了承ください。

★またご自宅で音の出せる環境がある方には東京からの往復交通費加算で出張ホームレッスンにも対応させていただきますのでお問合せください。

※クリニックはお申し込みいただき先着順で(次の月の)スケジュールを決めさせていただきます。
また、お申し込みの際とクリニック当日、こちらから必ず電子メールまたは電話にてご連絡を取ることが可能な方とさせていただきます。


また管理人、スタジオの都合で直前のキャンセルをお願いすることもございます。
(まことに申し訳ございませんがお安く提供するためこの点ご了承ください)

クリニック(レッスン)についてはその効果を保証するものではありません。お申し込みについては自己責任でお願いいたします。

お申し込み: → サックス吹きなサイト・クリニックへメール

アート・ペッパー (Art Pepper)

pepper.jpgお勧めCD:アート・ペッパー ミーツ・ザ・リズム・セクション

もうこれしかないでしょう。と言われるアルバム。あまりにも日本人の好きな1曲目「帰ってくれてうれしいわ」(原題とはニュアンスが違うらしい)をやってみたくてサックス買っちゃう人多し。
ジャケットに映るペッパーのジャケット(オヤジギャグ?)を求めてイタリア中を駆け回ったマニアもいると聞く、粋なペッパーファッションですが、それにしてもカッコイイ秀逸のジャケットデザインセンス。

そしてバックのリズムセクションの乗り心地が最高です。なぜならこれ、当時のマイルスバンドの《ザ・リズムセクション》が録音にブッキングされたから。
ペッパーは70年代に一度復活を果たしますが、やはりペッパーのベストは音色・フレージング・スイング感ともこの50年代に軍配が上がります。
それにしてもこのアルバム、最高の録音がなされた幸せなレコードなのです(ハッ!CDか!)。DVDオーディオ版ではジャズオーディオマニア垂涎のオリジナルモノラルトラックが!
楽器は日本ではなかなか入手できないマーチンのアルトを吹きます。晩年はセルマーを吹いていましたね。