2006年5月 8日

サックスが始めたくなったら

初心者の人はちゃんとした先生というかコーチにつくのがいいです。
自己流や知ったかぶりの先輩(ごめん!) に教わるとその癖を直すのが大変。 まず、いいコーチにつきましょう。

自分の好きなミュージシャン(格好=ルックスより音色で決めましょうね)に直接手ほどきをしてもらえれば最高かもしれません。
でも、そのミュージシャンがコーチの仕方については上手いとも限らないのは残念ながら事実のようです。
以下の先生方はお弟子さんの数がそれを物語っています。しかしそれだけでなく、 人柄の良さや、もちろん音色の素晴らしさで教わって間違いのない方々だと思います。
ちなみに管理人の師匠は山中先生でした。 山中良之先生
菊地康正先生
村岡建先生
内桶好之先生

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/16

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)