2006年5月 8日

ジャズアルトのマウスピースは?

さて、マウスピースです。これはもうほとんど病気の世界です。
管理人の経験談をお話しますね。
僕は最初フュージョン小僧だったのでソプラノにはバリのMP、アルトにはデュコフのD8を付けてビャービャーいわせていました。
でも1年で飽きました、というか吹きこなせなかったのですね。
初めから遠回りでもいい!「オレはサンボーンになるのだ」「ケニーGになるのだ」それも人生ですけれど・・・。

というわけで、買った楽器についてきた付属のMPに物足りなさを感じたら、アルトならメイヤーの5MMをまず買いましょう。
なぜメイヤー5MMか?

番号のというのはメイヤーの中庸の開き(ティップオープニング)
MMというのはミディアムフェイシング/ミディアムチェンバーのことで、要するにもっとも「普通」で普通のジャズのアルトサックスの音がするわけです。

このド定番がある程度吹きこなすことができれば、 「病気」が重くなったときでも随分と楽です。
個性的なマウスピースはこのあとに買いましょう。
回り道人間からのアドヴァイスでした。
持ってないので買っておく人は、
アルトサックス メイヤー ラバー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/18

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)