« 2006年06月 | メイン | 2006年08月 »

2006年07月21日

アート・ペッパー2(Art Pepper)

modernart.jpg お勧めCD:モダン・アート
「タコ氏は白いのと黒いのとどっちが好きなの?」
と聞かれることがあります。
別に白人だから・黒人だからという聴き方はしません。

「ジャズは黒くねーとダメだ!」

というひともいますが、僕はそこまで偏ってはいません。
白さの代表アート・ペッパー。
僕は彼のアルバムではコイツが最高傑作だと思ってます。
後から素晴らしい未発表テイクも出てきました。でもですよ、でも!
このアルバム、出来ればアラジンセッション盤のLPの曲順で聴いていただきたいのです。

ブルース・インで始まりブルース・アウトで終わる。

これがこのレコードの「物語」なのですよ。

ベン・タッカーのベースとペッパーのDuoで語られるこの2曲が物語の序章と終章。
間に挟まれる「君微笑めば」「恋とは何でしょう」などの曲名からもこのアルバムがただのアルトプレイヤーのCDの一つではなく、タイトルの示す「モダン・アート」という【作品】として鑑賞する必要があると思うのです。

iTunes Music Storeで音楽は簡単に買えるようになりました。でも1枚のアルバムを作品として鑑賞する機会は激減した と思います。
是非サックスを演奏しようと思う方で、このアルバムを聴いたことがなかったら、オリジナルLPの曲順でお聴きいただくことをお勧めします。

2006年07月19日

堂々とマルカートをお勧めします。

度々掲示板でもお勧めしているのですが、初心者の方でブランドにはこだわらないがしっかりした楽器をお探しの方に、僕は下倉楽器のマルカートをお勧めしています。
台湾で製造されてはいるものの、技術は日本の下倉楽器の熱意が反映された確かな楽器です。
夏休みを前に 「ようしサックス始めるべ」 と意気込んでいる学生のあなた。
セルマーを無理やり買ってもらって押入れに眠らせるより、こういう楽器をガッチリ吹きこなしてみせるのも親孝行だと思いますよ。

こちらのサイトでアーチストによる音色が聞けます。
ほら、結構いいんじゃない?

2006年07月07日

リードは何を選ぶか<1>

バンドレンアルトサックスリード ZZ

リードであります。
僕はここ5年くらい、リコロイヤルの#31/2なのですが、たまにバンドレンのトラディショナルタイプ(青箱)も使います。気まぐれで。
こちらは、ジム・スナイデロのクリニックに行ったとき、山野楽器で貰ったサンプル。

これ、吹奏楽からジャズに転向する人いいんじゃないですか。

違和感が少なくて。

リコやラボーズだと<自由>過ぎちゃって、逆に
「コントロールがしにくいですぜ」といわれる方もいます。
吹奏楽やクラシックの人ってリードの「耐久性」を重視する人が多い気がするのですが そういう方にもお勧め。
先端部もしっかりと腰があるので、 パーンとタンギングも決まりやすい。
タンギングがルーズなのが嫌いな人向きともいえるかも。