2006年7月21日

アート・ペッパー2(Art Pepper)

modernart.jpg お勧めCD:モダン・アート
「タコ氏は白いのと黒いのとどっちが好きなの?」
と聞かれることがあります。
別に白人だから・黒人だからという聴き方はしません。

「ジャズは黒くねーとダメだ!」

というひともいますが、僕はそこまで偏ってはいません。
白さの代表アート・ペッパー。
僕は彼のアルバムではコイツが最高傑作だと思ってます。
後から素晴らしい未発表テイクも出てきました。でもですよ、でも!
このアルバム、出来ればアラジンセッション盤のLPの曲順で聴いていただきたいのです。

ブルース・インで始まりブルース・アウトで終わる。

これがこのレコードの「物語」なのですよ。

ベン・タッカーのベースとペッパーのDuoで語られるこの2曲が物語の序章と終章。
間に挟まれる「君微笑めば」「恋とは何でしょう」などの曲名からもこのアルバムがただのアルトプレイヤーのCDの一つではなく、タイトルの示す「モダン・アート」という【作品】として鑑賞する必要があると思うのです。

iTunes Music Storeで音楽は簡単に買えるようになりました。でも1枚のアルバムを作品として鑑賞する機会は激減した と思います。
是非サックスを演奏しようと思う方で、このアルバムを聴いたことがなかったら、オリジナルLPの曲順でお聴きいただくことをお勧めします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/34

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)