2006年9月 1日

フィル・ウッズ(Phil Woods 2)

フィル・ウッズ←公式サイト
warmwoods.jpg
お勧めCD:ウォーム・ウッズ


夏が終わったばかりでありますが、暖かくする準備は早いほうが良いのであります。
さてこのアルバムジャケット、いいですねえ。若き日のウッズが暖炉の前で愛犬とくつろいでいる様。で、内容が「このまんま」のリラックスムードであります。エモーショナルなプレイもありますが。プレイに余裕綽々と言う感じなのです。そうね、言ってみればフルパワーの75%で演ってる感じでしょうか。

まず1曲目、In Your Own Sweet Way がはじまると、
「あ~アルトやっててよかったなあ」と思い 「いつかこんな音色で吹きたいなあ」とそれから
20年間思うのであります。

2曲目のEasy Living もアルトをやってる学生さんなら一度はこのソロをコピーしたくなるでしょう。フレーズ的には難しいこともやってないので、耳コピも比較的取り安いと思います。ただ雰囲気がネ。なかなか出せません。

きっと暖炉の前で愛犬とゆっくりこのポーズを取ると良いのかもしれませんが・・・。 ここでもやっぱり《脱力》がテーマだったりしますね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/39

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)