2007年1月23日

ヤナギサワがプロに愛用される理由

実際のところはアルトはヤナギサワが選ばれてる、と言う事実があります。

N.Y.のジャズミュージシャンの多くがエンドースしてるのはやはり音色、音程、パワーだけではなく、

表現の幅

らしいです。
つまり、ミュージシャンは当たり前だが音楽家と言う「表現者」であり、他の人たちと「同じこと」をやっていたのではあまり商売にならない、というかそれではアーチストではありません。

なのにどうしてアントニオ・ハートもグレッグ・オズビーもビンセント・ハーリングもピーター・キングもみんなメインで使うのはヤナギサワだそうです。

聴けば皆さんそれぞれ強烈な個性を放つ素晴らしいアーチスト。

管理人は長らくアメセル信奉者ですが、やはりこの世界の事実を目の当たりにしてしまうと 人様にはこの辺の楽器をお勧めしてしまいますね。
↓↓↓基本に忠実が結局お得。↓↓↓

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/53

コメント

私もサックス吹きます。
というか、yanagisawaのアルトサックス持っています。 
宝の持ち腐れ状態ですが、何とか辛うじてメロディーだけはふけます。
ジャズのアドリブが吹けないので習おうと思いながら5年の月日が過ぎています。
(笑)

すやきんさんこんにちは。

そのお宝を高らかに鳴らしましょう!
関東にお住まいでしてら一度、
クリニックにお越しになりませんか?

アドリブ初心者歓迎です。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)