2007年5月28日

ブルースとどう取り組むか<2>

早く「次をやれ」といわれております。

すみません。

さて、つづきです。

今日のフレーズは前回の進化系です。



アドリブのお尻にこんな「言い回し」がよくあると思います。

「だっせー!」

ですと!?

ぬかしやがったナ!

でも説明ですから、前回の譜面と比べてくださいね。

1拍目と3拍目の音は同じです。
で解決感ありますね、つうか「これで終しまい」って感じするでしょ。

アドリブのフレーズを作ると言うのは、まずこういう「終った感」のあるメロディを沢山作る練習をします。

◆さて、ではブルースで実践してみましょう。

ジャズで言うブルースは「12小節から成り立つブルース・フォーム」の曲を言いますが(16小節なんて例外もありますが)今日のこのフレーズを曲の<ど頭>から吹いてはいけません。(あたりまえだ)

じゃあ頭はどう吹くか?

「終らない感じ」に吹けばいい、というか「次に続く感じ」のフレーズを考えるんですね。

「だっせー!!」(再び)

でもこれ、パーカーフレーズの骨組みなんです。
パーカーやビバッププレイヤーのブルースをいくつも聴いてみると こういう「上がって、下がって、3小節目くらいでとりあえず落ち着いて」というラインが多い。

二つ目のF#の音は半音下げてFでもいいですね。ブルースの感じが出ますから(今日は理屈は書きません)。

でもこれあんまり「終った感」はしない。「次に続く感じ」がしませんか?

こういう感じのフレーズを練習しておいてください。

次回は5小節目から8小節目にトライします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/68

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)