2007年6月29日

ブルースとどう取り組むか<4>

さて、最後の4小節です。

ブルースに限りませんが、こうやって4小節ずつ区切って、 会話のようにメロディーを構成していくとアドリブに慣れてくると思います。

★ブルースの場合:
最初の4小節にクマさんの問いかけがあって、
次の4小節に八っつぁんの受けがあり、
最後の4小節でオチのフレーズがくる。


mp3で北海道から渋いフレーズをくださった方がいらっしゃいます。

釧路のマスタードさん、どうも有難うございました。譜面に起すと、こんな具合ですね。



オチとして結構良いんじゃないですかね。

やはり、コードのルートの音を小節の1拍目にもってきてます。

最後の1小節のオマケフレーズが、ブルースしてますね。
こういうのを手癖にしておくと良いです。 この組み合わせを

100回吹きます。

飽きて来ますよね。ここがミソ。

ちょっとずつ変えてみるんです。別の音を入れてみたり。

ジャズっぽくするコツのひとつに、 フレーズの1拍目を休符にするというのがあります。 というかもっと休符を増やす。

初心者のうちは、アドリブって「音をたくさん詰め込まなきゃならない!」って必死になって吹き続けてしまいます。これを逆手に取った白玉(二分音符や全音符)フレーズも良いんですよ。音色で勝負しましょう。

さて、次はガイドトーンを使った例を取り上げます。(予定)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/71

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)