2007年9月10日

「采配を振る」キャノンボール大将。

takescharge.jpg お勧めCD:キャノンボール・アダレイ/テイクス・チャージ

「俺はホーン吹いてるだけだ、野郎ども、しかっリアワセロヨ!」
と親分が言いました。

永らくレーベルの権利の問題だとかで、廃盤だったアルバムです。

で、美味しい別テイク2曲付き。なのにこの値段。

安く手に入るのは嬉しいですが、なんか悔しい気もする。

こんなうっとりするようなアルトの音は、そんな値段じゃ聴けねーです、フツウ!

結論から申し上げます。当サイトにお越しのサックス勉強中の方はアルトの人だけでなく、テナーの人も買いです。

音色、フレーズが見本?いやそれだけでなく、あんまり有名でない曲でも愛らしいメロディの歌い方、 長々ブロウしがちのブルースを、適度なサイズに、しかし肝は押さえてまとめる潔さ。


これ、ピアノがウィントン・ケリーだからだろうな。
後にファンキー路線をひた走るようになる相棒、ボビー・ティモンズだったらもっとゴリ押しの演奏になったと思います。

だからとても普段着、でも「丁寧」なキャノンボールにひょっとしたら物足りなさを感じる人がいるかもしれない。

でも、私は数少ない1ホーンのキャノンボールはこのアルバムがとても好きなのです。

本日のタイトルは若い人にはわかりにくいかもしれませんですね。

Takes Chargeをそのまま訳すとこうなるようですよ。(よい意味で)「指図する」って感じ?


では「買われたし!」とTakes Charge。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/76

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)