2007年11月29日

クリスマス的ソプラノ。

faith.jpg お勧めCD:ケニーG/Faith: A Holiday Album
クリスマスがやってきます。

で、私は幼稚園とか老人ホームなどで クリスマスソングを演奏する機会があります。

一番好きなのは、メル・トーメの「ザ・クリスマスソング」なんだけど、
子供達の前では、「サンタが街にやってくる」 「そりすべり」「赤鼻のトナカイ」なんかが喜ばれ、
おじいちゃんおばあちゃんの前では、「きよしこの夜」や「ヒイラギ飾ろう」が 喜ばれる。

と、思いきや、

そうではない。

むしろ、手拍子がいっしょに出来るようなミデゥアム・バウンスのナンバーがウケたりします。
お年寄りを前にしたからって、しっとりな曲ばかりじゃ却って失礼なのです。

で、今日はクリスマスに何を吹こうかという方にお勧め。
「なあんだ、それか」
という声も聞こえるし、

「へえ、ケニーGなんか聞くの?」 という声も聞こえますね。

まあ、彼のアルバムはこれしか持っていないんですが、
クリスマスが来ると1回はかけるCDです。

どうしてでしょう?

彼のソプラノはクリスマスを運んでくるから。

もちろんテナーも巧いんだけど、彼のソプラノは実にクリスマスのためにあるような音色だと思うのです。

で、皆さんも演奏する前にこういう「クリスマスらしい音」をお聴きになってイメージを膨らませて吹くといいと思う次第です。

ちょっと吹ける人は、Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!

これではリズムがちょっと難しい、と思った人は、O Christmas Tree
に挑戦してみてはいかがでしょう。

勿論アルトやテナーで吹いたっていいんですよ。

譜面はこちら→ Kenny G-Faith: A Holiday Album (Artist Transcriptions)

あ、音色で勝負したい人は、もうちょっと定員枠ありますのでお早めに。
第2期会員募集まもなく締め切り

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/81

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)