2008年1月16日

ルー・ドナルドソン<1>

lou01.jpg
お勧めCD:ルー・ドナルドソン「ウェイリング・ウィズ・ルー」

「ルー・ドナルドソンというアルトの名手のCDを何か紹介してください。」といわれると、同じブルー・ノートレーベルの「ブルース・ウォーク」や後期の「アリゲーター・ブーガルー」を挙げる往年のジャズファンが多い。

もちろんそれらは名盤には違いないが、管理人はこのアルバムになじみが深いのです。

WAILINGってどんな意味かな?

「ルーとともにむせび泣いて?」
という訳は正しいか?

ジャズでは
「イカしたプレイしやがる奴らだゼ」
って感じではないでしょうか?

管理人はこのレコードばかり長く聴いていた時代があります。

演奏がすこぶるいいとかどうとかじゃないんです。

理由はキャラバンとオールド・フォークスとノーグレイターラブが入っているから。

そう、学園祭で自分のバンドの演目だったからですね。

当時の管理人はトランペットのダチ公と2管フロントでハード・バップをやっていて、このルー・ドナルドソン(as)&ドナルド・バード(tp)のサウンドをひとつのお手本にしていました。

つい先日、当時を思い出しながら聴いてみました。
やあ、イカした、と言うか本当に絶妙の演奏であります。

別に興奮の坩堝(るつぼ)なる快演!などにはほど遠いのですが、 肩の力が抜けた、余裕綽々の演奏で

「オメーら、ジャズやるんなら、一応この辺必修だぜ」 と先輩に横面を軽くビンタされてる気分であります。

アルトの人はこのオールド・フォークスという名曲についてはこういう演奏をひとつのお手本として、まさに 必修というか是非レパートリーに入れて頂きたいと思う次第であります。

以上、年頭所感。

で、サイドバーに「今月のサックス奏者:おすすめCD」を流すことにしました。

← CHECK!してみよう!


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/84

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)