2008年8月11日

SWING CHIP「スウィング・チップ」

皆さん夏休みの練習は順調でしょうか?

本日は、練習しないで音が変わる、という皆さんの好きな(←私の好きな)アイテムの
ご紹介であります。

もう既に入手された人がいるみたいですが、そう

SWING CHIP「スウィング・チップ」

であります。

直径わずか9mmくらいのまさしく「チップ」でありますが、 これを定められた「音響ポイント」に貼り付けるだけであります。



さて、どうでしょう?



先ずはネックのこの辺に、、、

むむ!?
おお!!

音が大きくなります!というか
振動が大きくなった感じが致します。

↑だから音がでかいんじゃないか!



つぎはネックの本体ジョイント部の上。



指へ伝わる振動の仕方が変ります。

音色は、1回目の位置の方が好みかな?
でも、ベストポジションはいろいろ探ってみる必要がありそうです。

このスウィング・チップの大きさと形状は、チップ自体の響きと楽器の響きを調和させるため、 複数のプロミュージシャンによる実地テストにより決定されたそうです。

楽器の響きとは不思議なもので、僕のY師匠はネックとボディの数箇所に直径8ミリくらいのシールを貼ることを勧めました。

「響きが変わる」ということでしたが、その時はあまり感じなかったのですが、 不要な振動を止めるようなことだったのかもしれません。
でも何箇所か貼ると、おじいさんの貼る「細かい膏薬」みたいに見えてきてカッコ悪いから止めてしまった。

このSWING CHIPはそのシールの反対で、振動ポイントのエネルギーを効率的に音に変換しているのかもしれません。

少しでも音にこだわる方は案外リーズナブルなので、
お試しになる価値はあると思います。

このアイテム、やはりB.AIRさんからのリリースです。
ピュアな音を求め続ける音響機器の開発メーカーならではの商品ですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/100

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)