2009年12月15日

クリスマスにスムースジャズを聴いてみる。

お勧めCD:A Smooth Jazz Christmas dave_koz01.jpg
サックス奏者だってクリスマス企画アルバムを作ると、
「売れる」。

このセオリーにしたがってフュージョンサックスプレイヤーが作ったアルバムです。
と書くと怒る人がいるかもしれません。

確かにヒットはしたんだけども、これ、クリスマス企画だから売れたというより、 彼の音楽性で売れた、とサックス関係者としては思いたいです。

「スムースジャズなんて、ジャズじゃねえ!」と頭の固い評論家にダメ出しを百万回されても、 「もう慣れた」と軽く受け流すDaveKoz。
何しろ世界一【歌うように吹く】プレイヤーではないでしょうか?

彼の使う楽器はヤマハです。

アルトは15年、ソプラノは22年もヤマハを使っているそうです。

セルマー信仰の人で彼の演奏を聴いたことがなければ、 こういう音を日本の楽器が奏でられるのを知ると良いです。


しかしどうでも良いけど、オトーサン!こういう風にサックス吹けたらなー、って思いません?
それはともかく、彼を初めて見る人なんかこの映像見て気が付きませんか?

そう彼、ストラップなしでアルト吹いてますよね。

確かに首への負担はなくなるし呼吸も楽になると思いますが、 落としそうでハラハラします。
特に初心者の人はお気をつけください。
それとこれ、イメージ映像ですからね!浜辺で吹くのはあまりお勧めいたしません。
楽器傷みます。

ということでクリスマス月間今年最後のご紹介はディヴ・コズ氏でした。

左下の流れるウィジェットは彼の流れるようなサックス満載です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/127

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)