2010年1月18日

明るくエッジーにイきたい人に。

本日はハリソンであります。
harison.jpg

リガチャーが音に与える影響は甚だしいですが、同時に吹きやすさも求められていろいろなメーカーから多くの種類が発売されていて迷います。

時々「多少吹きにくくても『音』が良いんだからしょうがない」と操作系を伏せこんでしまう御仁も居られて恐れ入ります。
ハリソン・ハーツは最初に登場した時、私も1つ入手しました。オリジナルはオークションでかなり高値で取引されますが、ネジを締めすぎてH型のキワの部分が切れてしまったものやそこをボンドで修理してあるものも出回るので注意が必要です。
サンボーン氏がデュコフにセットして吹いていたので瞬く間に人気になったリガチャーですが、
エッジが立って明るいサウンドでした、息も入りやすくパワーも出ますね。

が、私が一番感じたのは、

「顔の前で鳴る」

という感覚です。
「音が見える」と言う人もいます。

現在では復刻版としていろんなタイプが入手できるようになりました。シルバーやピンクゴールド、グリーンゴールドなんてのもありますので、多彩な響きと吹奏感が得られそうです。

さて、年の初めに景気快復を祈って、ゴールドプレイト行ってみますか!?
お使いのマウスピースに合う型番にご注意ください。
↓↓↓↓↓↓

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/128

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)