2010年2月28日

怪獣を味方につける。

今日はまず、怪獣のご紹介でございます。

これを見て、
海底原人ラゴンだ!
と思った人はジジイであります。

実はこれ、サックスメンテナンス用品その名も
ドラゴンスワブ。

スワブってもともとは「大砲の筒の中をキレイにする棒状の雑巾」のことらしく、
ほら耳掃除で良く使う「綿棒」もコットンスワブと呼ばれるです、たしか。

swab01.jpg
私はごく普通のヤマハ製スワブ
を使っておりますが、
2時間吹いて2回通します。平均、というか、、、たぶん、習慣的に。
これ、広げると一辺が64センチほどあってかなり大きいので、テナーでもお使いになれるでしょう。

さて、ご注意はこの小さい方でマウスピース、ネック用として販売されているSサイズのもの。 Sといっても22センチ四方あります。
swab02.jpg
ヤマハ クリーニングスワブ スワブS サックスネック用、マウスピース用


これ、ネックに通すのは良いですが、たまにマウスピースの中に突っ込んで、
ゴシゴシ何回も往復させてる人がいます。

風呂で背中洗ってんじゃない

ので、これはやめたほうがよろしい。

「スワブなんかじゃマウスピースの中が変形するわけない」

という人もいらっしゃるのですが、このスワブ、紐の先端に「おもり」がついているので これがマウスピースの内部やレールに思わぬ当たりかたをしかねない。

なので、通すとしても1回ソーッと通してください。神経質かもしれませんが、マウスピースはそのくらいデリケートに扱っていただきたいのです。

あと寒いからといってお湯で洗うのも止めたほうが良いです。水で洗いましょう。
どうかよろしくお願いいたします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/131

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)