2010年4月 2日

管楽器に特化したチューニングメーターはあるのか?

サックスに直接取り付けてチューニングができるクリップ式チューナーがあります。

tu_12bw_clip_sax_gal.jpg

特定の音だけ合わないのは、サックスのせいではなく、 アナタのほうに問題がある場合がおおいですぞ。

チューニングメーター(チューナー)の使い方は、この製品であれば出した音に対し白い針が中央に留まればいいわけですが、ここでご注意!

音を出しながら眼で合わせていってはいけません。

できれば眼をつぶって、音が出てから見てみる。
針が右に振れていれば上ずっているのでマウスピースをネックから少し抜くか、お腹でぐっと下げてみる。針が左に振れていればピッチが低いのでマウスピースを少しネックに差し込んでみる。
「マウスピースを噛んで上げましょう」という人がいますが、僕は推奨しません。

ピッチが高くなってしまう人はマウスピースを噛みすぎてないか、 チェックしてみましょう。
とくに高い音を吹くときほどリラックスが大切です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/134

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)