2010年6月25日

世界に誇るJ-JAZZの旗手

mindscape.jpgお勧めCD:マインドスケープ
藤陵雅裕さんであります。

熱帯ジャズ楽団やRITSUCO ENDO with FRV! での活躍は言うに及ばず、NHKへの楽曲提供、 JAZZLIFE誌をはじめとする雑誌等の記事執筆、そして後進の指導・・・。

高い音楽性と熱い人柄を併せ持った現代日本を代表する優れたアーチストだと思います。

なんで今までリーダーアルバムが出なかったのか不思議なくらいだったのですが、 やっとご自身のコンセプトをカタチにされたのか、待ちに待ったJ-JAZZがやってきた!という感じです。

実は私は藤陸さんを知ったのは遥か25年前に遡ります。
当時フュージョンという言葉が出たばかり?だったと思うのですが、 パーカッションを多用した16ビートのラテンフュージョンが大流行りした時期がありました。

私は当時FMエアチェックばかりしていて録ったカセットテープが700本くらいあったと思います。

である晩、キーボードの今田勝さんのバンドのライブがあり、そのアルトプレイヤーが藤陵さんだったんですね。

「え、このアルトなかなかいいじゃん」(藤陵さん、スイマセン)

なんて思いました。
なぜかというと今田さんの元アルバムでフィーチャーされていたたアルトはあのデビッド・サンボーン氏や本多俊之さんだったからです。

だから、当時新進気鋭のミュージシャンだった藤陵さんはその時点からキラリと光るものが「かーなーり」あったんだと思います。 いまではいぶし銀のと言うと語弊があるかもしれませんが、より円熟したアルトと唯一無二のソプラノの音色が聴く人に「音楽の喜び」を与えてくれると思います。

J-JAZZをわざと聴かない人がいるようですが、損をしていると思いますよ。
藤陵さんの今後ますますのご活躍を応援させていただきます。
だって同世代ですからね、ワシも頑張らねば!


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/138

コメント

はじめまして。
サックスやジャズのブログをよく読んでいて、たどり着きました。

J-Jazzって確かにあまり聴いていないかもしれません。

僕はまだまだジャズ初心者で、どうしても海外の古典Jazzをたくさん聴かなければ、となってしまっています。

日本にも素晴らしいJazzがたくさんありますよね♪

藤陵さん、紹介していただいて、どうもありがとうございます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)