2011年9月 6日

音がちゃんと出ないのは、自分のせいか?

今日はサックスを始めた方にお願いをいたします。

高級な楽器を頑張って買った人はともかく、ですが、
「その分レッスンにお金をかけよう」
という米国流のまっとうな考えでリーズナブルな楽器を選んだ人に。

最初は安い楽器でいいと思います、私も。
特に台湾製でもいいモノがたくさん出てきたのでびっくりします。

しかし、二つだけお願い(確認していただきたいこと)があるのです。

1.調整がちゃんとできている事。

サックスは新品でも調整がなされていないと、
息漏れなどがあってちゃんと鳴ってくれません。

「新品買ったんだからから、音が出ないのは私が悪いんだ。」

と楽器のせいなのに、自分のせいにしてしまうんです。
特に通販で買っちゃった人は必ずリペアマンさんに見てもらってください。

2.マウスピースとリガチャーは最低限メーカー物を。

この前クリニックにお越しになた方は、台湾製のM~という私も推奨する楽器をお持ちでしたが、マウスピースとリガチャーが【困ったチャン】でした。

つまり「まともに音にならないマウスピースとリガチャーの組み合わせ」で買ってしまっている人がいらっしゃるわけです。

リガチャーはリードの振動を楽器本体に伝える【車でいえばギア】という上手い説明があります。

中・上級者はその「ギア」の感じで吹奏感や好みの音色を作るために様々な素材やデザインのものを求めます。

しかし、初心者の方は、
「そもそも自分の道具でちゃんと吹けてるかどうかが判定できない」
わけですからどれを選んでいいかわからない。

マウスピースはセルマーやバンドレンをお勧めしますが、最初は安いヤマハの4Cなんかでもいいので、
リガチャーだけちょっといいモノを選んでください。

バンドレンから優秀だけどちょっと高い「オプティマム」と従来品「マスター」を融合させた、 質が適度に良く良心的価格のラインナップが出ました。
↓↓↓
m-o_gp.jpg
アルトサックス用 M|O リガチャー ゴールドラッカー仕上げ


もちょっとご予算ある人は、24K 金メッキ仕上げ

新品の楽器についてきた無名のマウスピース、リガチャーで??となっていらっしゃる人は、ぜひ、お試しになることをお勧めいたします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/153

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)