2012年9月11日

アキバに管楽器職人が集まっている件。

open_dojoh.jpg

リペア職人志望の人が増えております。

大学を出たはいいが納得いく就職先が決まらず、
一般企業で働くことに疑問を感じ始めた若い人。

会社を早期退職をして第二の人生に「職人」という 選択を決意した人。

そして、自らプレイヤーでありながら、
自分の楽器くらい自分で治すという挑戦を考え始めた人。

企業がリペアマン養成の専門学校を擁していたりしますが、
結構な先行投資が必要なようです。

私が思いますに、そもそも職人の技術というものは、 学校で一定のカリキュラムを終えて身に付くなんてものでなく、 「親方」の傍でその「技と業」に徹底的に鍛えられ、 ようやくその魂が宿るようなもんじゃないでしょうか?

「修理道場」

そうそう、この響きですよ。

道場でみっちり鍛えられた人はやはり1本筋が通っている。
道場に通う人同士も門下生としての「絆」と「矜持」がある。

門下生が切磋琢磨し合う『オープン道場』のコンセプトなんか、 まさに現代の「坂の上の雲」を感じさせませんかね。

これからの日本は職人魂の復権にかかっている!

そう感じでおります。

週末修理道場も注目!

オープン道場・週末修理道場ワークショップ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/161

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)