2014年3月26日

名手John Park (alto sax)をご存じですか?



名前でググルと韓国の俳優さんがヒットしますが、
本日のご紹介は日本でほとんど知られていないアルト(テナーも吹くけど)の名手のジョン・パークであります。

上のリンクはもはや入手できないと思われるワンホーンでのLP「If Winter Comes」をまるごと1枚UPしてくれたナイスな御仁がおれますので、シェアしたいと思います。

他では、これまた日本ではあまりスポットライトが当たらないビッグバンド「スタン・ケントン楽団」に在籍したリードアルト奏者として、ライブ盤ではバラード「Street Of Dreams」でその艶やかなトーンで歌う華麗なプレイが聴けます。


彼の演奏は強烈なビートと泥臭いブルースフィーリングのカンザスシティ(KC)スタイルという説明もあるようですが、良く知られたスタンダードのソロを聴いてみると結構モダンなこともやっていてかなりのテクニシャンぶりが楽しめるでしょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/174

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)