2015年2月 2日

アドリブに備える発展的スケール(コード)練習法

The-Scale-Omnibus-1.02.jpg
この画像は最後にね。

随分とソリューションを意識したタイトルでありますが。。。

「メジャーとマイナーのそれぞれ12キーを浚ったよ。」

「凄いね、完璧だね」 なんて会話があります。

皆さんスケール練習やってらっしゃいますか?

スケール練習って何のためにやるのでしょう?

大体スケール練習って単調でつまらないですよね?

そもそも12スケールが吹けるようになってアドリブが出来るようになるか?

なりません。(突き放し。)

アドリブの方法論やアプローチの仕方は様々なモノがありますが、 12キーのメージャースケールが一通り終わった人のための、 アドリブするために避けて通れない【コード】を使ったスケール練習(みたいなもの)をシェアしたいと思います。

単調じゃなくて面白いよ。

1.キーCにおいて、Cメジャースケール(ハ長調)はドレミファソラシド(CDEFGABC)ですね。

2.まずルート(根音)から3度ごとにドミソシと吹きます。

3.シまで行ったらラソファミとスケールを降りてくる。

4.スケール2番目の音=レから3度ごとにレファラドと吹きます。

5.ドまで行ったらシラソファとスケールを降りてくる。

6.さて、次はどう行きたくなりますか?→ミソシレ→ドシラソ

シまでいくと・・・シレファラ、ソファミレドーと一周しましたね。

で、この3度ごとの積み重ねコードを見てみると、

C△7、Dm7、Em7、F△7、G7、Am7、Bm7-5

とCメジャースケール上の7つのダイアトニックコードを練習していることになる。

12キーすべてをこのようにやると、 実に7×12=84個のコードを練習したことになりませんか?なるよな??

吹くときにドミソシ、レファラドって構成音を感じながら吹くのと、
C△7、Dm7、とコードネームを頭にイメージしながら吹くのと両方やるといいでしょう。

メトロノームは必ず裏打ちでね!

スタジオに入ってロングトーンのあとにこれを正確に早く(最初はゆっくり)やっていると、 かなりウォームアップなると思います。

さてさて、インターネット上には非常に勉強になるファイルが配置されており、 最近こんなものを見つけました。

なんと399種類ものスケールを集めたその名もスケール・オムニバスだそうです。

C Prokofievスケールって Db Bebop だったんだ!なんて発見も。

どうぞ↓↓↓
スケールオムニバスをシェア

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://sax55.com/mt422/mt-tb.cgi/179

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)