2016年7月25日

テナーサックスストラップ再考<前編>

人間歳をとると、考えていない(意識が回っていない)身体の「部分」にガタが来ております。 長くアルトばかり吹いていて、レッスンの時ぐらいしかテナーを吹かないから気がつかなかったのですよ。

首が痛い。

僕は永らくストラップは人にはツェブラを推奨し、自分は音色の好みから石森製かYUPON、 長さの関係からテナーにはリバイユのbebopタイプを使っておりました。

でコレ、久しぶりにテナーでスタジオに3時間篭った図。テナーでかしおもし。
okano_ten.jpg

2時間35分経過。
痛いのよ、首が。

つうか、激痛!!!

コレはまずいと思い、早速代替品捜索のためインターネットの海へ。

●候補その1は、
バリトンの生徒さんが愛用している「サックスホルダー」

コレお腹に当たるプレートがどうしても違和感があって自分では使わない。

●候補その2、
上半身で支える「ハーネスタイプ」

昔からあるし、安いしでいいのだが、「もつれる」ので大阪的?にペケ。

●候補3、
ブレステイキングストラップ

画期的ですよね!しかし値段的に納得いかず。

★そして候補その4
菊池康正先生考案の「サスペンダーストラップ」

僕がまだ学生のころ「プレイ・ザ・サックス」というminiCD付きの教則本をリリースされた菊地先生。 そうそう、大阪で先生のクリニックを受講したことを思い出しました。

早速注文して即届きましたよ!

IMG_0832.JPG
なるほどシンプルなつくり。

IMG_0833.JPG
こちらが楽器を支えるほうのフック。

IMG_0834.JPG
こちらのフックを背中側からベルトに引っ掛けます。
どうでしょうか!?
この続きは菊地先生のサイトで詳しくどうぞ!
僕のコメントを載せていただきました!
↓↓↓
菊池康正先生考案の「サスペンダーストラップ」

菊池康正先生の道場や教材は→こちら
2012年5月28日

ストラップではなく・・・ホルダー。の2大長所!

ネックストラップで首が痛いとお悩みの方に朗報です。

rayHyman.jpg
私が楽器を始めたころは、ストラップと言ったらレイ・ハイマン(セルマー純正?)くらいしかなく、サックス=首を痛める楽器、というイメージすらありました。

その後様々な研究がなされ、ワンショルダー型やハーネスタイプが首を痛めない【装置】として登場し、
bg_shoulder.jpg

harness.jpg

首掛けタイプのものではツェブラを長い間お勧めしておりました。

cebulla.jpg

その後、ブレステイキングストラップが優れた製品としてリリースされ、
breathtaking.jpg

一定の支持を集める中、今回登場した本製品【サックスホルダー】、、、、
なんと、 ストラップという概念を根底から覆してしまいました。

saxholder1.jpg

↑クリックで巨大画像に。

楽器の重量を【両肩】と【お腹】で支えるというものです。

これで首は、完全に楽器の重さから解放されました。

先日、若い女性アルト・プレイヤーのライブを拝聴したんですが、 彼女もステージでこれをいち早く装着されていましたよ。

楽器の重さで首が辛いプレイヤーにお勧めです。

さて、私はこのサックス・ホルダーの長所をもう一つ発見しました。

言うまでもなくサックスは呼吸法がその音色の最重要ポイントになりますが、 いつも繰り返し言っているのが「息の準備」であります。

息はお腹、わき腹、背中に意識を向けることでその準備の確認ができます。 サックス・ホルダーはその支持の1点が腹部にあります。

なので、常に【息の準備】をホルダーを通して確認するきっかけにすることが出来るのです。

マウスピースをとっかえひっかえするよりも、吹き方、いや「吸い方=息の準備と確認」であなたのサウンドは必ず向上します。
↓↓↓↓↓
2011年7月25日

メゾ ソプラノサックスに陶酔


単にメゾ・サックスとも呼ばれています。
キーはG。

これは2008年に作曲された弦楽4重奏とMezzoSaxophoneとの収録風景で、 今年SACDでリリースされました。作曲者クレジットと演奏者のラストネームが同じなのは親子だから。

何という、美しいトーンでありましょうか!

目を閉じて聴けばソプラノといえば言えなくもないが、
もっとふくよかというか、メランコリックというか??

よくアルトが弦楽器の「チェロ」のような音で、と表現されることがありますが、
例えばソプラノが「ヴァイオリン」であれば、
メゾサックスは「ヴィオラ」に相当するのかもしれません。

jessenというマウスピースなどを作っておられる人が世に出しましたが、
欲しくてもまだ我々の手には入りません。

昔、CONN社がF-Mezzoというサックスを製作していて、
今もたまにヴィンテージ品がどこかに現れることがあるようですが、
このG Mezzoは正真正銘21世紀のサックスです。

CDはこちらで
↓↓↓
2008年8月11日

SWING CHIP「スウィング・チップ」

皆さん夏休みの練習は順調でしょうか?

本日は、練習しないで音が変わる、という皆さんの好きな(←私の好きな)アイテムの
ご紹介であります。

もう既に入手された人がいるみたいですが、そう

SWING CHIP「スウィング・チップ」

であります。

直径わずか9mmくらいのまさしく「チップ」でありますが、 これを定められた「音響ポイント」に貼り付けるだけであります。



さて、どうでしょう?



先ずはネックのこの辺に、、、

むむ!?
おお!!

音が大きくなります!というか
振動が大きくなった感じが致します。

↑だから音がでかいんじゃないか!



つぎはネックの本体ジョイント部の上。



指へ伝わる振動の仕方が変ります。

音色は、1回目の位置の方が好みかな?
でも、ベストポジションはいろいろ探ってみる必要がありそうです。

このスウィング・チップの大きさと形状は、チップ自体の響きと楽器の響きを調和させるため、 複数のプロミュージシャンによる実地テストにより決定されたそうです。

楽器の響きとは不思議なもので、僕のY師匠はネックとボディの数箇所に直径8ミリくらいのシールを貼ることを勧めました。

「響きが変わる」ということでしたが、その時はあまり感じなかったのですが、 不要な振動を止めるようなことだったのかもしれません。
でも何箇所か貼ると、おじいさんの貼る「細かい膏薬」みたいに見えてきてカッコ悪いから止めてしまった。

このSWING CHIPはそのシールの反対で、振動ポイントのエネルギーを効率的に音に変換しているのかもしれません。

少しでも音にこだわる方は案外リーズナブルなので、
お試しになる価値はあると思います。

このアイテム、やはりB.AIRさんからのリリースです。
ピュアな音を求め続ける音響機器の開発メーカーならではの商品ですね。