2017年11月10日

55歳以上限定、サックス教室生徒さん募集(第3次)

55sax_logo.png

だいぶ寒くなってまいりましたが、皆様お風邪など召されておりませんでしょうか。
さて、過去2回ご案内を致しましたこの55歳以上限定企画ですが、そろそろ第3次募集を行いたいと思います。
またもや5名様限り。

hasimoto1.pngitou2.pngyokota.png yonekura2.png
写真は前回の【祝勝会(発表会)】より。当限定生徒さんの勇姿。

昨年、2回の募集でお越しになった55歳以上の生徒さんは【すべて大手の音楽教室に通われていらっしゃる方】でした。

なのに、なぜか私をネットで見つけてきてくださったのです。
で、あちらさんのレッスンは即座にやめるか、フェードアウト計画をたてていらっしゃる。

これはなぜか??

簡単ですよね。あちらさんのレッスンが納得いかないからです。
以下その内容を列記します。

1.実質的に時間が短い。
→ウォームアップや世間話のあと個人練習の成果を見てもらうだけで実際20分もない。
2.教本の「楽譜の練習だけ」。
→だから音楽を楽しんでいる気がしない。はっきり言って苦行である。
3.現在中級である(3年通っている)が自覚が初心者。
→大体いまだに楽に吹けている気がしないし、実際出しづらい音がある。のに、なぜに進級させたのだ??
4.発表会が終わると、その曲が吹けなくなる。
→本番を乗り切る式練習しかしないので、結局自分のレパートリーになっていない。
5.課題曲はスタンダードJAZZだがジャズっぽくない。
→アドリブは無理でもジャズを吹いている気になりたい!
6.正直辞めようか悩んでいることを言うと。
進み方が遅くなった。

他にもあるようですが、つまるところ『こうじゃないレッスンがあるのではないか?』と思われてネット検索をされたわけですね。

そりゃあちらさんは生徒さん個々人の希望や都合じゃなくて、同じカリキュラム(教本)で『長く居てもらう』のが企業利益になるわけなので、そこには深い溝が生じると思います。

で、なぜ中高年限定かといいますと、僕と『同士だから』。

●同士だから、現状納得いかないことが痛いほどわかるんです。
●同士だから、悩んできたことが共有できるんです。
●同士だから、どうすれば出来るようになるかの道筋をシェアできるんです。

若い人は、選択肢いっぱいあるし人脈アンテナの感度も高いから、今後いろいろな先輩やコーチに付くのが良いと思います。

だけど我々には限られた時間しかない!!
残りの人生を「サックス、こんなんでいいのか!?」のまま終わらせられないでしょう?

なので、この企画は5名様限定で『同士』を募集します。入門資格はサックスの何らかのレッスンを受けられてその内容に納得がいかない方、またはまったくの初心者か、長いブランクのあと再挑戦を決意された方、いずれも55歳以上のおじさま・おばさま限定です。

このレッスンの目標は、
1.楽にサックスの全音域を吹けるようにする。
2.吹きたい曲、自分にあった曲を見つけ、それを完全にレパートリーにする。
3.サックスを吹いている実感があり、何より自分が楽しい状態にする。
この3点に集中します。年1回、発表会ならぬ「祝勝会」を開催します。

楽譜の練習はいくら反復練習したって越えられない状況に陥ることがあります。
なぜ自分にそれが出来ないのか?どうすれば出来るのか?出来るようになるにはどういう練習をするべきなのか?

楽器のコントロールと音楽の演奏ははっきり言って別物です。
それ、同時に出来るようにしようとしてませんか?


今回もサックス興味あるんだけど楽器を持っていないゾ、という方のため。貸出用(レッスンの時のみ、お持ち帰りはできません)のアルトサックスを用意しております。

jupiter.JPG
ジュピターのブラックラッカー、渋いでしょ。1時間のレッスンで@500円でお使いいただけます。お申込みをお待ちしております。マウスピースもどんなのがいいか分かんないあなたのために幾つか用意しました。

<費用と場所>
・レッスン費用は@3,000+スタジオ代実費(@1,000~1,500)
・入会金や教材費はありません。
・場所は中央線西荻窪駅より徒歩3分
スタジオUENさんでやっております。
↓↓↓↓↓
「55歳以上限定、サックス教室第3次募集」にメールする。
メールなどまどろっこしい!方はお電話くださいませ。
090-4072-0139 岡野
2017年1月11日

中高年専門(55歳以上限定)サックス教室、始めます。5名様募集!

謹賀新年

本年が皆様のサックスライフに素晴らしき展開が訪れますようにお祈り申し上げます。
ということで新企画。

比率から申しますと、もともと中高年の生徒さんのほうが多いのですが、今年90日講座10周年を機に中高年の生徒さん限定で募集させて頂くことにしました。

昨年、新規にお越しになった中高年の生徒さんはすべて大手の音楽教室に通われていらっしゃる方でした。

なのに、なぜか私をネットで見つけてきてくださったのです。
で、あちらさんのレッスンは即座にやめるか、フェードアウト計画をたてていらっしゃる。

これはなぜか??

簡単ですよね。あちらさんのレッスンが納得いかないからです。
以下その内容を列記します。

1.実質的に時間が短い。
→ウォームアップや世間話のあと個人練習の成果を見てもらうだけで実際20分もない。
2.教本の「楽譜の練習だけ」。
→だから音楽を楽しんでいる気がしない。はっきり言って苦行である。
3.現在中級である(3年通っている)が自覚が初心者。
→大体いまだに楽に吹けている気がしないし、実際出しづらい音がある。のに、なぜに進級させたのだ??
4.発表会が終わると、その曲が吹けなくなる。
→本番を乗り切る式練習しかしないので、結局自分のレパートリーになっていない。
5.課題曲はスタンダードJAZZだがジャズっぽくない。
→アドリブは無理でもジャズを吹いている気になりたい!
6.正直辞めようか悩んでいることを言うと。
進み方が遅くなった。

他にもあるようですが、つまるところ『こうじゃないレッスンがあるのではないか?』と思われてネット検索をされたわけですね。

そりゃあちらさんは生徒さん個々人の希望や都合じゃなくて、同じカリキュラム(教本)で『長く居てもらう』のが企業利益になるわけなので、そこには深い溝が生じると思います。

で、なぜ中高年限定かといいますと、僕と『同士だから』。

●同士だから、現状納得いかないことが痛いほどわかるんです。
●同士だから、悩んできたことが共有できるんです。
●同士だから、どうすれば出来るようになるかの道筋をシェアできるんです。

若い人は、選択肢いっぱいあるし人脈アンテナの感度も高いから、今後いろいろな先輩やコーチに付くのが良いと思います。

だけど我々には限られた時間しかない!!
残りの人生を「サックス、こんなんでいいのか!?」のまま終わらせられないでしょう?

なので、新年企画は5名様限定で『同士』を募集します。入門資格はサックスの何らかのレッスンを受けられてその内容に納得がいかない方、またはまったくの初心者か、長いブランクのあと再挑戦を決意された方、いずれも55歳以上のおじさま・おばさま限定です。

このレッスンの目標は、
1.楽にサックスの全音域を吹けるようにする。
2.吹きたい曲、自分にあった曲を見つけ、それを完全にレパートリーにする。
3.サックスを吹いている実感があり、何より自分が楽しい状態にする。
この3点に集中します。本年秋口に発表会ならぬ「祝勝会」を開催します。

楽譜の練習はいくら反復練習したって越えられない状況に陥ることがあります。
なぜ自分にそれが出来ないのか?どうすれば出来るのか?出来るようになるにはどういう練習をするべきなのか?

楽器のコントロールと音楽の演奏ははっきり言って別物です。
それ、同時に出来るようにしようとしてませんか?


本日より先着5名様お待ちしております。費用、場所、期間などをお伝えします。

こちらからメールくださいませ。
2016年7月25日

テナーサックスストラップ再考<前編>

人間歳をとると、考えていない(意識が回っていない)身体の「部分」にガタが来ております。 長くアルトばかり吹いていて、レッスンの時ぐらいしかテナーを吹かないから気がつかなかったのですよ。

首が痛い。

僕は永らくストラップは人にはツェブラを推奨し、自分は音色の好みから石森製かYUPON、 長さの関係からテナーにはリバイユのbebopタイプを使っておりました。

でコレ、久しぶりにテナーでスタジオに3時間篭った図。テナーでかしおもし。
okano_ten.jpg

2時間35分経過。
痛いのよ、首が。

つうか、激痛!!!

コレはまずいと思い、早速代替品捜索のためインターネットの海へ。

●候補その1は、
バリトンの生徒さんが愛用している「サックスホルダー」

コレお腹に当たるプレートがどうしても違和感があって自分では使わない。

●候補その2、
上半身で支える「ハーネスタイプ」

昔からあるし、安いしでいいのだが、「もつれる」ので大阪的?にペケ。

●候補3、
ブレステイキングストラップ

画期的ですよね!しかし値段的に納得いかず。

★そして候補その4
菊池康正先生考案の「サスペンダーストラップ」

僕がまだ学生のころ「プレイ・ザ・サックス」というminiCD付きの教則本をリリースされた菊地先生。 そうそう、大阪で先生のクリニックを受講したことを思い出しました。

早速注文して即届きましたよ!

IMG_0832.JPG
なるほどシンプルなつくり。

IMG_0833.JPG
こちらが楽器を支えるほうのフック。

IMG_0834.JPG
こちらのフックを背中側からベルトに引っ掛けます。
どうでしょうか!?
この続きは菊地先生のサイトで詳しくどうぞ!
僕のコメントを載せていただきました!
↓↓↓
菊池康正先生考案の「サスペンダーストラップ」

菊池康正先生の道場や教材は→こちら
2015年2月 2日

アドリブに備える発展的スケール(コード)練習法

The-Scale-Omnibus-1.02.jpg
この画像は最後にね。

随分とソリューションを意識したタイトルでありますが。。。

「メジャーとマイナーのそれぞれ12キーを浚ったよ。」

「凄いね、完璧だね」 なんて会話があります。

皆さんスケール練習やってらっしゃいますか?

スケール練習って何のためにやるのでしょう?

大体スケール練習って単調でつまらないですよね?

そもそも12スケールが吹けるようになってアドリブが出来るようになるか?

なりません。(突き放し。)

アドリブの方法論やアプローチの仕方は様々なモノがありますが、 12キーのメージャースケールが一通り終わった人のための、 アドリブするために避けて通れない【コード】を使ったスケール練習(みたいなもの)をシェアしたいと思います。

単調じゃなくて面白いよ。

1.キーCにおいて、Cメジャースケール(ハ長調)はドレミファソラシド(CDEFGABC)ですね。

2.まずルート(根音)から3度ごとにドミソシと吹きます。

3.シまで行ったらラソファミとスケールを降りてくる。

4.スケール2番目の音=レから3度ごとにレファラドと吹きます。

5.ドまで行ったらシラソファとスケールを降りてくる。

6.さて、次はどう行きたくなりますか?→ミソシレ→ドシラソ

シまでいくと・・・シレファラ、ソファミレドーと一周しましたね。

で、この3度ごとの積み重ねコードを見てみると、

C△7、Dm7、Em7、F△7、G7、Am7、Bm7-5

とCメジャースケール上の7つのダイアトニックコードを練習していることになる。

12キーすべてをこのようにやると、 実に7×12=84個のコードを練習したことになりませんか?なるよな??

吹くときにドミソシ、レファラドって構成音を感じながら吹くのと、
C△7、Dm7、とコードネームを頭にイメージしながら吹くのと両方やるといいでしょう。

メトロノームは必ず裏打ちでね!

スタジオに入ってロングトーンのあとにこれを正確に早く(最初はゆっくり)やっていると、 かなりウォームアップなると思います。

さてさて、インターネット上には非常に勉強になるファイルが配置されており、 最近こんなものを見つけました。

なんと399種類ものスケールを集めたその名もスケール・オムニバスだそうです。

C Prokofievスケールって Db Bebop だったんだ!なんて発見も。

どうぞ↓↓↓
スケールオムニバスをシェア
2013年2月21日

90日講座リフレッシュ通年募集開始!

kouza_title.jpg

90日講座もリリース7年目を迎えます。
今月初めに第10期募集で一旦終了させていただき、
本日より通年の募集とさせていただきます。
テキスト的には奏法に関わる【真理】が変わるはずもありませんが、 「特別」というよりはより「集中」して取り組んでいただけるニュアンスを強調させていただきました。

募集サイトもリニューアルいたしました。 → サックスの音作りに特化した90日間集中講座
2011年5月12日

スティーブに聞こう。

steve_nuff.jpg

・メカニカルなトレーニングに特化して集中したい!
・just friends やgiant steps の秘密練習をしておきたい!
・今年こそブレッカーになりたい!
・ウエストコーストスタイルをちょっと取り入れてみたい!

今日は中・上級者向けかもしれませんが、
非常に優れたビデオレッスンをシェアしたいと思います。

スティーブ氏はソプラノ、アルト、テナーを駆使して吹き分け、
超絶のテクニックをあなたに伝授してくれます。

Webサイトのサンプルだけでもモノスゴイ価値があると思いますので、
是非ご覧ください。

skypeレッスンもあるみたいなので、
英語も同時に頑張っちゃう貴方ならぜひ挑戦してみては!?

↓↓↓
StevePlayingBlue.jpg
2010年8月 7日

REAL BOOK PLAY-ALONG

301、青本、そしてREAL BOOK
皆さん、ジャズの曲集はいろいろお持ちかと思います。

PLAY-ALONGの方は、、、あ、マイナスワンいわるゆるカラオケですがJAMEY AEBERSOLDがあまりにも幅を利かせておりますが、
あれ、どうもセッションでやるときのキーじゃなかったりして、使いにくいCDもあるようです。(そのくせ大量に所持しているのは誰だ!?)

そんな中、最近amazonでこんなものを買いました。

rbpa1.jpg

REAL BOOKのマイナスワンであります。演奏者のクレジットがないですが、
あっちのジャズメンによるちゃんとした生演奏です。 (HAL LEONALD社による既出音源の再編集のようです。)

「ステラはこのテンポで吹きたくないなあ」など不満もないわけではありませんが、 要求された通りに吹く練習にはなるので、

「現場適応能力養成ギプス」 

としての使い方がよさそうであります。



CD1枚に20曲入っており3枚60曲で2,000円ちょっと。 1曲あたり35円としたらリズムセクションに申し訳ない気もしないか?

購入時のご注意はこれCDだけなのです。
つまり譜面はありません。

REAL BOOKをお持ちの方とコードチェンジが頭に入っている方へ。
ということですね。

まずは曲名A~Dから行きますか!

↓↓↓↓↓
2010年3月20日

マウスピースの差し込み加減

さて春休みに突入して、そろそろ後輩を迎える季節がやってまいりました。
今日は多くの人が気にしてよさそうなのに、あまり関心が払われてない風景のご紹介です。

マウスピースはどの程度をネックに刺すか?

「そんなの適当だよ」
「決まりなんてないさ」

そう、明確な決まりがないですよね。
チューニングの時、深く刺せばピッチが上がり、浅ければ下がるのはご存知だと思います。

でも後輩を迎えるあなた、こんな位置で吹いたりしていませんか?

neck02.jpg
この位置で吹くのになれてしまうと、
音が合わない音域でマウスピースを噛んでしまう癖がついてしまうので、 よくありません。

お使いのマウスピースによっても変わりますが、
V16ならこの程度か、
neck03.jpg

メイヤーならこのくらいに落ち着くはずです。
neck01.jpg

最近の雑誌で「音程が低ければマウスピースを噛んで合わせましょう」と書かれているので驚きました。
確かにそうすればピッチを変える事はできますが私はあまりお勧めはしません。

上達するほど深く刺すようになります。
(わざと抜いて吹く奏法をするプロもいますが)

「音程が合わないな」という方はコルクが2センチ以上見えていたりすることがありますのでチェックしてみてください。
2009年4月 7日

リアルな現実を手に入れよう。

ireal.jpg

さあ、大変だ。

ケータイ、私はdocomoを10年以上使っているのですが、
このアプリだけでiphoneを真剣に考え始めております。

リアルブックに掲載の550曲のコード進行が格納されているのです。

それだけでは驚かない。

12キーへの瞬間移調機能

が付いていること。

出張するときアルトとテナーのマウスピースとリードだけカバンに忍ばせておき、
夜どこかのセッションを探して、 楽器を貸してくれそうな人を探す。

でアルトかテナーが借りられたら、やおらiphoneを取り出し、
inE♭かB♭に移調表示させればよい。

なんてのは、
ただのヤな奴

ですから止めましょうね。

というか、セッションでやるくらいのチェンジは覚えておきましょう。 (偉そうだな!)

でも便利そうじゃない??
2008年10月31日

自分の音を聞いて練習してますか?

さて本日は真実を映し出す鏡であります。
人は一皮剥ける為には、

「見たくない現実を直視する」ことから始まる、
といいます。

実は音もそうです。

練習するときに録音するのは客観的にそして冷静に自分を見直す
(聞き直す)のに良いですが、やはりリアルタイムで生の音を聞きつつ
練習するのが好ましいです。

あのコルトレーンもドアに向かって練習した
といいます。

しかしドアよりいいものが現代の世の中にはありました。

サウンド・ミラー

soundmirror01.jpg

soundmirror02.jpg

使ってみましたよ、ドアや壁に向かって吹けば確かに自分の音は反射しますが、
これは聴こえ方がまるで違います。そう、

ピッチが見える
感じですね。

これバンド練習のとき特に電気バンドのサックス奏者はいいですよ。

MICを通してメンバー全員が大音量でやっていると誰も自分の音がわかりません。

サウンドミラーをつければバンドの中の自分の音を聞きながら プレイできます。

ビッグバンドのセクションで自分の音が聞こえなくてlostした。って人いませんか? セクション練習にもかなり効果あるでしょう。

ソフトに吹いてもしっかり聴こえるので、劇場での演奏に使うプロの人もいるそうです。

「何だよ、下敷と洗濯バサミで出来そうだな」
というDIY派の方は自作していただいても結構ですが、 この独特の形状と角度を再現するのは難しいと思います。

以前【イー楽器ドットコム】で扱ってましたが、今はオークションでなら手に入るかな?
2008年9月30日

サックスは何歳になったら始められるでしょうか?

と聞かれましたら、「早くて小学校高学年でしょうか?」
とお答えするでしょうか?

ですが、5歳のこのプレイは本物でしょうか!!!?



前回ご紹介のパキートは7歳でデビューした神童でしたが、 それを上回る、いや下回るお子様の登場です。

香港のMaikoさんが教えてくれました。
Thanks!

2008年8月18日

夏休み練習強化特集2「サックスミュート」の巻

サックスミュートであります。

e-saxではありませんよ。
サックスミュートです。(くどい!)

トランペットなど金管楽器にはその実用的または音楽表現的にも、 存在価値のあるミュートですが、
サックスやクラリネットなどの木管楽器では 本格的なミュートシステムはなかった。

しかし、 話題のe-saxが出現すると、日本の標準的住宅事情にありながらサックスを吹く決断をしてしまった人には、現実的な選択肢としてe-saxは救世主のような迎えられ方をしました。

e-saxについてはいろいろな方がレポートされていらっしゃるので、こちらであえてご紹介はいたしません。というのは本日このサックスミュートのレポートをしたいからです。

期待感高まるパッケージ。
サックスミュート


これナイロン製のハニカム構造をもったミュート部と、適切な位置に装着するためのファイバー製の軸で構成されております。

saxmute

マウスピースに、

saxmute

ネック、

saxmute

そしてベルの部分。

saxmute

さて、どうでしょうか?

音量50%(くらい)ダウン。

「ささやきモード」
と言っていいかな?

ただ、抵抗がちょっと増えますね。

【吐く息の空気の流れはどう音色に反映されているか?】 このような、サックスの発音メカニズムがある程度わかり、喉のコントロールのできる中級以上の人は、この抵抗がよいトレーニングになるのがお分かりになると思います。

初心者だと「吹きにくい」印象を持たれるかもしれませんが、しばらくマウスピース+ネックで「ささやきモード」の準備運動をやると良いかもしれません。

でも冷静に考えてみるとですよ。 普段、管体の中は遮るモノがないのに3箇所も「異物」を封じ込めるわけです。
エアーの流れを部分的に遮断するのだから、鳴り難い=音量が減る、ということです。
しかし、このサックスミュート、最大の利点は実は外したときです。 ミュート装着中はかなりトレーニングになるので、ミュートを外すと物凄く鳴るようになります。

大きな音を抑えて練習したい人のためのグッズではありますが、

もっとパワフルに吹きたい、音量が出なくて悩んでいる
こんな方にお勧めしたいアイテムでした。

これ、国内ではこちらのお店でしか買えません。


↓↓↓↓↓↓↓↓
【イー楽器ドットコム】
早速在庫切れですが、予約受付中だそうです。
2008年7月24日

夏休み練習強化特集1「エアマックス」の巻

いやあ皆さん暑いですね。

重い楽器を運ぶのもためらわれる猛暑が続いておりますが、 そんな楽器を吹くのを諦めちゃった日にも、【確実にサックスの練習になるグッズ】を発見しました。

「エアマックス」です。
ナイキのシューズではないですよ。

早速モニターさせていただいたのでご報告です。
大きさはこのくらい。



スケルトンブルーのポリカーボネイト製でなんかホイッスルのようでもあり、
非常にシンプルなデザインです。
学校や会社でぶら下げててもオシャレかな?

これ、穴の開いた先端を咥えて息を吸ったり吐いたりします。
胴体部分には縦笛のような穴が上に3つ、下に1つ開いています。



まさしく縦笛を吹く時のように穴を指で押さえると、吸ったり吐いたりするとき抵抗が変わる。
当然穴の数を1→4つと塞げば抵抗が増え、横隔膜や呼吸のための筋肉が鍛えられる、 その結果、演奏に必要なエアーの絶対量が増える、というわけです。

で、さらに優れているのが息のスピードチェックです。エアマックスで吸ったり吐いたりすると、小さな音が出ます。(笛のようですがピーピーいいません、夜のアパートでも大丈夫!)特に吐くときに必要な「息の一定のスピード」が簡単にチェックできます。

まだまだ、それだけではありません!
これですね、適当に穴を開けたただのチューブのように見えるんですが、

【直径が絶妙】

なのです。

「咥えて呼吸するだけで、喉が開く。そして舌が下がる。」
米国物理学博士の設計だそうです。

「喉の開く感覚がよくわからない」こういう人にぜひ使ってみて頂きたいです。

より咥えやすい形状の類似品(1万円近い!)がありますが、あれはどちらかというとダイエット関連・アスリート向け商品ですので、より喉の状態をサックスプレイヤーのために適応させるとこの「エアマックス」しかありません。しかも断然リーズナブル!!

日本ではこちらのお店でのみ購入できます。
↓↓↓↓↓↓↓↓
【イー楽器ドットコム】

夏休みにぐっとアイツに差をつけるには
、今すぐ入手して頂きたいと思います。

あ、ひとつ使用前のご注意を。

僕はさんざん試したあと「ご使用の前に」を読んでしまいました。

「よく水で洗ってからご使用ください」

確かに!


もうお気づきの方がいらっしゃると思いますが、 これは「90日講座」と併用していただくと相乗効果がバッチリであります。

2008年6月19日

耳のテストはいかが?

皆さん自分の耳を「どれだけ聞き分ける力があるか」テストしてみたことがありますか?

「PCでタダで出来る確認方法はないか、タダで!」

という人がいるんです。

「タダほど高いモノはない」というのをご存じないんですかね。


で友人のトランペッターが見つけた、
そんなテストがタダで出来るサイトをご紹介しましょう。
↓↓↓↓↓↓↓

header_new.gif

英語ですがひるむことはありません。

お金を請求されることもありません。

4つの musical tests があります。

TOPページを開けていただくと、

真ん中辺に、
【 adaptive pich 】
【 rhythm test 】
【 tonedeaf test 】
【 musical-visual】
という赤い文字のボタンがあります。

それぞれのリンク先に

Start Test! と書かれた矢印をクリックして、
やってみましょう。

例えば、 【 adaptive pich 】 は2つの音の高低を聞き分ける耳があるかどうか。

2つの音が出ます。
後に出た音が先の音より高ければ右のhigherボタン
低ければ左のlowerを押します。

合ってれば。

correct!

と出て。

間違えると、

sorry!

なかなか紳士的です。


他のテストも面白いです。プレイに自信満々のあの先輩にぶつけてみよう!

会社でやる人は仕事中熱くならないようにないようにね。


2008年5月12日

会社に持っていこう!

さてこれは何でしょう?



ポケットサックスの新型かな?

いやしかし、指で押さえる穴がない!?

これ実はサックスのエクササイズ・ギアなんです。

「サックスはでかい音が出て練習時間が限られるのがもどかしい!」
「学生のときはあんなに時間があったのに!くやしい!!」
「週末以外、楽器を持たなくても出来る練習はないのか?」


とやっと念願のサックスを入手したお父さんに朗報です。

昼休みに会社の屋上で、これ練習してください。

練習方法はリード、リガチャーをセットしたマウスピースに、
このエクササイズギア“Blow up”を装着。

心配な大きな音は出ません。(が、会議中は止めた方が良いです)

でもトイレでやると怪しまれます。

「なんか動物が入り込んだぞ!」

と騒ぎになります。

割とそっけない説明書がついているので、
このギアについて、効果的な使い方をこの2ヶ月間考えました。

思ったとおり「90日講座」と非常に相乗効果があることが判明!

講座受講生の方には、この“Blow up”の効果的な使い方、第一発見者である受講生
へろへろてなーマンさんによる「Blow Upチャレンジレポート」も
近日中にお届けしたいと思います。

どうぞご期待ください!

2008年1月31日

チューナーをどうしますか?

「メトロノームは買ったのですが、チューナーはどんなのがいいですか?」

というメールを頂きました。
チューナーってチューニングメーターですよ。

そう、いわゆる上記のようなモノが安く買える時代になったのですが、 私が「アナログメトロノーム派」なのでそれに共感してくださった方が、
上の質問をくださいました。

で、そういう方にはこれです。



ちょっと高いんだけどやっぱりメーターっつうのは「針式」が圧倒的に見やすいんですよ。

こちらの商品は名称の如く、オーケストラの団員さんが使う「プロ用」です。
サックスは入門用を買っても、チューニングメーターならプロ用を用意してもいいのでは!?

ただ~し!!このメーターを睨みつけながら、口を緩めたり噛んだりしてあわせてはダメです。

必ず「耳」で合わせましょう。

また、いつもチューナー(キカイ)に合った音が出せれば【正しい】というのではなく、一緒に演奏する人同士がキレイにハモルるか、と言う「音楽の本質」に繋がります。

「いつも完璧な音程」を誇る人が稀にいらっしゃいますが、アンサンブルに入るとその人だけ他の人といつまでも合わなかったりします。

音程の議論は各所で尽きませんが、結局「耳を鍛えるほかない」とはひとつの結論じゃないかと思っています。

2007年12月11日

一発で今より上手く聞こえる魔法。

なんてのがあったら私が教えて欲しいのですが。

冗談ではなく、いま我々管楽器関係者にとってはかなり「マジック」的な効果を発揮するモノが出ました。

ナノ・リキッドをご紹介いたします。
ジャズライフ10月号でも取り上げられましたが、気付いている人はまだ少ないようです。

rock01.jpg

これ、炭素系の微粒子をオイルに溶かしたもの。

どうするかと言うと、この【半液体】をリガチャーとリガチャーのネジ、ネックと本体など金属同士のわずかな隙間が生まれるところに刷毛で塗るのです。

実験してみました。

まず、リガチャーのネジ。

rock04.jpg

「なんじゃ、こりゃ!」

リガチャーにピンクゴールドのメッキをかけたのかな(どうなるのかは知りませんが)
とにかくリガチャー自体のクオリティが上がった気がするのです。

音質的には「要らないノイズが減ってクリアーになる感じ」です。

音と吹奏感が激変し、心拍数がいやでも上がる自分をなだめながら、今度はネックの本体とのジョイントする部分へ塗布。

rock03.jpg

・・・・・



息の入り方が非常にスムーズです。リペアマンにバランス調整をしてもらった直後のような、
あの、いつまでも吹いていたい感じ。

あのですね、

なんちゅーか、ほんちゅーか(古いね!)

ネックと本体が溶接されている

とでもいいましょうか。楽器がたった1分でグレードアップした!
と錯覚します。

さまざまな「バランサー」なるアタッチメント類がありますが、
それらはもちろんとても考えられて作られたアイテムなんだけども、
基本的に「プラス」するもの達ですよね。

調子に乗って、締め付けネジにも。。。

rock02.jpg

「にゃはははははは!!!ブイ! (Vサインよ!!)」

このナノ・リキッドは「マイナス」つまり塗ることによって、
パーツを少なくしていく感じがするのです。

考えてみれば我々が楽器を吹くとき、接続部分やネジ類はしっかり締めてあっても、実は楽器全体として一緒に振動していない。

アルプスの山に木霊する、角笛の澄んだ音を想像してみてください。

角笛奏者の「ぽーん」と遠くまで響く丸い音は、エネルギーロスがほとんど気にならない
「ピュア」なものです。

いうなれば、ナノ・リキッドは複雑な現代楽器サックスを、あたかも1本の角笛のような
ダイレクトな響きに近づけるアイテムといえるでしょう。

サックスの接合部分でのエネルギーロスが減少するだけで、
音ヌケが抜群によくなり、その結果、
より「音楽」に集中
できるのです。

鳴りにくい楽器をお使いの方だけでなく、初心者や学生バンドの人たちにも、楽器コントロールに使うエネルギーを「音楽」へ向けるエネルギーに使わなければ、とても勿体ないことだと思います。

↓↓↓↓


2007年7月21日

ガイドトーンを知る。

これを知るとジャズの入り口に立つ感じです。

今まで、コードを外さないように吹くとすると、
つまりバンドなりセッションなりで、 音が外れて変に聞こえないようにするために、分からなくなったらとにかく

ルートを吹いてしまえ! という手がなくはない。

でも、ルートはベースが弾いていることが多いので、どうもかっこ悪い。
しかもコード感なり、調性(この間やったそのキーを暗示している音が在るか無いか)
が出ない。

そこで、この【調性を決定付ける音を結んで行く】というのが「ガイド・トーン・ライン」 とよばれるものです。
・・・音の流れをガイド(案内)してるのね。

通常ガイドトーンはコードの3rdと7thになります。

あれ、もうチンプンカンプンですか?


もう少し頑張りましょう。

ジャズではコードは4和音が基本、つまり4つの音がいっぺんに【ジャーン】と響くと 明るい感じだったり、暗い感じだったり、する。

この【感じを決定する】のが3rdと7thつまりルートから数えて3番目と7番目の音なんですよ。

試しに、ピアノなど鍵盤楽器でド・ミ・ソ・シとド・ミ♭・ソ・シ♭をならしてみてください。 最初のは
Cメジャーセブンと言ってとっても明るい響きですよね。
次のはちょっと暗いというか寂しい感じ、

このコードはCマイナーセブンと呼びます。

メジャーセブンとマイナーセブンの違いは何か?

ミとミ♭、シとシ♭ですね、ほら、3番目と7番目が違うでしょう。
だから、この音をアドリブで強調するように吹くと、ベースとぶつからないで、
溶け合ってコード感(調性)がだせる。

このときでジャズでは「サウンドしてる」なんて言います。

次に、ド・ミ・ソ・シ♭と鳴らしてみてください。

さっきより暗い感じはしないけど、なんか不安定な響きが感じられませんか?

これ、Cセブンといいます。

メジャーでも、マイナーでもありません。

ブルースではこの何チャラセブンがいっぱいですが
さっそく、ブルースの最初の4小節でサウンドしてみましょう。



この時、ちょっと約束があります。コードが換わるとき、できるだけ音が【跳躍しない】ようにします。 1小節目のD7(レ・ファ#・ラ・ド)の3rdファ#を吹いたら、2小節目G7(ソ・シ・レ・ファ)の3rdはシだけど【飛びすぎる】のでファ(ナチュラル)=7thを吹きます。
すると半音だけの移動ですね。

3小節目、4小節目は1小節目と同じです。 ファ#→ファ→ファ#→ファ#、という非常に滑らかなガイド・トーン・ラインができました。 5小節目からご自分でやってみてください。

分からない!って方は掲示板でご質問ください。メンバーでない方はメールでお申し込みを!

ハンドルネームで結構です。

2007年7月10日

もはやストラップではないストラップ。

本日はストラップのお話です。

皆さん、ストラップをかなり甘く見ています。

「そんなことより練習しろ」
と至極ごもっともなご指摘をなさる先生方もいらっしゃいます。

でも、サックスの「周辺機器」をいじることで やれ音が纏まるとか、ダイナミックレンジが広がるとか、 音色の違いを楽しむことはできるのは間違いないので、
とういうか、

練習より 楽しい

少し吹けるようになってくると、

マウスピースやリードの次にリガチャーを買える人が多いでしょう。
ネックを「思い切る」と"違う楽器"を手に入れた気にもなるかもしれませんね。

そこで、ストラップはどうか?

これは良いものを選ぶと根本的に違います。

他のモノは文字通り「周辺機器」のカテゴリですが、
きょうご紹介するツェブラは"周辺"ではありません。

(なので、このブログも【サックスが上手くなる】カテゴリにしました。)

認識の低い人は、ストラップなんて吹き手と楽器とを繋ぐ 「吊り紐」程度にしか思っていません。

そういう割り切り方もありですが、世の中でこういう良いモノを開発してくださる方には 頭を下げてでも買っていただきたいのです!


まずこの写真をご覧ください。

cebulla01.jpg


このモデルさん何のために上半身裸か!?


ハービー・マンの真似か?(気になる人はこっち→ Push Push

いえいえ、 私も暑い日は窓を閉め切って上半身裸で ロングトーンを30分やりますが、
(ロングトーンダイエットという)

そうぢゃない!!

よく見てください!頚椎部(赤丸部分)に隙間ができてるでしょ。

この隙間により「頸部への負担と強い圧迫が緩和され、はじめて脳への十分な血液供給が確保されるのです。」ツェブラストラップ公式ホームページより引用

結論を先に申し上げますが、私は26年間、サックスに関わってきてこのストラップはベストと断言します。

ツェブラはストラップを「アクセサリー」のカテゴリから解き放ちました。
ストラップを単なる最適な演奏ポジションに位置させる「調節紐」から、
身体への負荷を軽減させ、血液の滞りを最小限に食い止める
いうなれば、演奏するための「器官」と位置づけることに成功しています。

実際演奏を1時間くらいしてみると、疲労度がまるで違うのが分かります。
頸動脈を圧迫しないので、脳への酸素供給が滞りません。

つまり、より演奏に集中できることになります。

演奏中は喉が楽に開き、楽器がより振動するように感じられます。

楽器と一体になる感覚はサックスを学ぶ人にできるだけ早い次期に気付いてもらい たいと常々思っていますが、ツェブラはそれを可能にするベストアイテムのひとつです。

世の中のストラップはほとんどが、長さの点から見るとテナー用なんです。
アルトプレイヤーはご自身のベストポジションだと
どうしても首が閉まりそうな位置まで調節つまみを上げる必要があります。

長さの面からはイシモリのストラップもそれを解決していますが、
すべてハンドメイドで使うほどにそのオーナーの身体に馴染む
【高級なめし皮】と【生ゴムパッド】を使った最高級ストラップ「ツェブラ」には 一歩も二歩も譲るでしょう。

まあ、イシモリでも扱っていますから品物が間違いない証拠です。

唯一、非常に高価なのが気になりそうですが、
お使いいただければその価値が分かります。
高いのではありません、適価なのです。
繰り返しますが、 これは従来の「ストラップ」ではありません。

サックスと演奏するあなたの「器官」です。

購入はこちらで、在庫僅少



2007年6月29日

ブルースとどう取り組むか<4>

さて、最後の4小節です。

ブルースに限りませんが、こうやって4小節ずつ区切って、 会話のようにメロディーを構成していくとアドリブに慣れてくると思います。

★ブルースの場合:
最初の4小節にクマさんの問いかけがあって、
次の4小節に八っつぁんの受けがあり、
最後の4小節でオチのフレーズがくる。


mp3で北海道から渋いフレーズをくださった方がいらっしゃいます。

釧路のマスタードさん、どうも有難うございました。譜面に起すと、こんな具合ですね。



オチとして結構良いんじゃないですかね。

やはり、コードのルートの音を小節の1拍目にもってきてます。

最後の1小節のオマケフレーズが、ブルースしてますね。
こういうのを手癖にしておくと良いです。 この組み合わせを

100回吹きます。

飽きて来ますよね。ここがミソ。

ちょっとずつ変えてみるんです。別の音を入れてみたり。

ジャズっぽくするコツのひとつに、 フレーズの1拍目を休符にするというのがあります。 というかもっと休符を増やす。

初心者のうちは、アドリブって「音をたくさん詰め込まなきゃならない!」って必死になって吹き続けてしまいます。これを逆手に取った白玉(二分音符や全音符)フレーズも良いんですよ。音色で勝負しましょう。

さて、次はガイドトーンを使った例を取り上げます。(予定)

2007年6月11日

ブルースとどう取り組むか<3>

さて、ブルースの続きです。(for alto)

なんか、コードも明らかにせずに進めていいんでしょうか?

と心配のあなたのために、 今日から少しコードも勉強しましょうか。

この前のラインにコードを当てはめてみると この4小節はすべてD7です。(2小節目はG7じゃないの?という人もいるでしょうがそれより簡単に説明するためとりあえずすべてD7)

さて、5小節目~8小節目、コードはG7→G7→D7→D7です。

その前が「何となく続く感じ」のラインだったのですが
5小節目からは階段を上がったところの

「踊り場に出た感じ」

を出してみます。


今まで4小節同じコードだったのに、いきなりG7というD→E→F→G(レ→ミ→ファ→ソ)と4段階段を昇ったところの主音を持つコードが出てきます。

D7のときの主音(ルートという)はD。では『【G7の主音】は、ハイそこのあなた!』


『・・・G』

そうですよ、自信持ってください!

1小節目から4小節目は、よくみてください。DではじまってDで終りました。主音で始まって主音で終ったんです。

じゃあ今日の4小節目もその要領で、 主音で始まって主音で終るラインを作ってみましょう。やっぱり上がって下がって3小節目くらいで落ち着くパターン。



「だっせー」(三度!)

「ほっとけ!」

では次回は9小節目から。
ダサくないフレーズができた人は、メールください。

優秀作品にはプレゼントが!

↓↓↓↓↓
《フレーズを応募》
音数が多いのがエライとは限りません。

2007年5月28日

ブルースとどう取り組むか<2>

早く「次をやれ」といわれております。

すみません。

さて、つづきです。

今日のフレーズは前回の進化系です。



アドリブのお尻にこんな「言い回し」がよくあると思います。

「だっせー!」

ですと!?

ぬかしやがったナ!

でも説明ですから、前回の譜面と比べてくださいね。

1拍目と3拍目の音は同じです。
で解決感ありますね、つうか「これで終しまい」って感じするでしょ。

アドリブのフレーズを作ると言うのは、まずこういう「終った感」のあるメロディを沢山作る練習をします。

◆さて、ではブルースで実践してみましょう。

ジャズで言うブルースは「12小節から成り立つブルース・フォーム」の曲を言いますが(16小節なんて例外もありますが)今日のこのフレーズを曲の<ど頭>から吹いてはいけません。(あたりまえだ)

じゃあ頭はどう吹くか?

「終らない感じ」に吹けばいい、というか「次に続く感じ」のフレーズを考えるんですね。

「だっせー!!」(再び)

でもこれ、パーカーフレーズの骨組みなんです。
パーカーやビバッププレイヤーのブルースをいくつも聴いてみると こういう「上がって、下がって、3小節目くらいでとりあえず落ち着いて」というラインが多い。

二つ目のF#の音は半音下げてFでもいいですね。ブルースの感じが出ますから(今日は理屈は書きません)。

でもこれあんまり「終った感」はしない。「次に続く感じ」がしませんか?

こういう感じのフレーズを練習しておいてください。

次回は5小節目から8小節目にトライします。

2007年5月11日

ブルースとどう取り組むか<1>

さて、僕もそうでしたが、ジャズ研1年生はFブルースからはじめる場合がほとんどだと思います。

なぜでしょう?

これはジャズの根っこのひとつがブルースと言う音楽にある、という理由があります。

でブルースの始まりのスタイルから、ジャズの歴史をたどって行くとそのハーモニーの変遷、コード進行の移り変わりは時代と共に実に多様化して行きます。

なので、一口にブルースと言っても、3コードでひじょうにシンプルに歌うことも出来るし、どんどん緻密にコードを細分化しめまぐるしく込み入った演奏をすることも可能なわけです。

まあ、いろいろできますって言っては話がいつまで経っても始まらないので、僕のクリニックで最初にやってもらっている方法のひとつをご紹介します。

まず、
「解決感をつかもう」というものです。

アドリブを始めるころは、タイム感、コード感、など耳と身体で感じる必要のあるモノがまだ備わっていない人が多いのですが、 その前にこの「解決感」と言うのを感じ取ってもらうわけです。

これはまずその曲(ブルースの)「キーの感じをつかむ」というのが必要なんじゃないかと思います。

たとえば冒頭で申し上げた「Fのブルース」なら「Fというキーの感じを演奏できるようにする」

当たり前じゃないか!!!

まあ、そう怒らないでください。「ここがアドリブってわかんない!」という人がホントに多いんです。

わかってる人は今日は読み飛ばしてくださいね。
いいですか、FのブルースならEとかC#とか他のキーを使ってメロディを吹くと「違和感」がありますよね。(それが面白いジャズと言う人は今日は入室不可!)そこでFのキーで吹けば当然違和感はないでしょ。

この「違和感なく吹く」ためにどんな感覚を養うか?

違和感がないメロディーと言うのは
そのキーを暗示して要素を持っている
ということなんですね。

だから「FのブルースだからFのスケール使って吹けばいいんだろ!」ってスケール練習をする。
でアドリブになるとFのスケールの上がったり降りたりでなんかサマにならない。

もちろんスケール練習って必要ですが、アドリブのためには「解決感のあるメロディ」を作る練習をした方がいいんです。

たとえばこの譜面は解決感があると思いませんか?

なぜか考えてみてください。

inE♭=アルトサックスですからコンサートキーのFはDになりますね。
(これがわからない人はサックスが「移調楽器」であることから研究してください:だから「Fのブルースやるぜ」といわれたらアルトの人はDのブルースを吹く、つまりDのキーを暗示させる要素を吹かないといけないわけ。)

<つづく>

2007年4月17日

ご入学おめでとうございます!の季節に。

「コードを避けてアドリブしたい!」

特に吹奏楽やクラシックをやっていらして
「未知の開拓地」を求めてこうおっしゃる方が少なくありません。

新入学して部活やクラブで、ジャズ一年生を迎えている方に当てはまる事かもしれません。

僕が実はそうでした。

「アドリブって『頭に浮かんだフレーズ』をその場で演奏するのですね。 どうすれば頭に浮かびますか?」

「音楽教室で『頭に浮かんだフレーズを演奏してください』と先生が言われるのですが出来ません」

というご相談がありました。

で、僕自身がアドリブというかソロをとるときに「頭に浮かんでいるかどうか」 考えてみた。

『浮かんでないですね』

というと大変無責任でしょうか?

そもそも「頭に浮かんだフレーズ」と言うのは、
今まで誰も演奏したことのない何らかのメロディーラインが 突如として頭の中に『像』を結び、それを運指に伝え、なおかつ呼吸も素早く連動し 美しい(時には荒々しい?)音を滑らかに紡ぐこと・・・。

こんなこと出来るのはモーツァルトとクリフォード・ブラウン(tp)ぐらいじゃないのか?

と思うのです。

だから僕たち凡人は、そんな天才的は「頭に浮かぶフレーズ」なんて期待しません。
アドリブとは【その曲のコード進行に沿ったガイドトーンと各種ストックフレーズの組み合わせを曲想にあわせて楽器で歌う】ことです。(オイオイ簡単に言うなよ) 。
インタープレイの要素を考えない場合のひとつのたとえですが。

だからコード進行を見る(聴く)と頭に浮かぶんでなくて「指が覚えている」というのが近い気がします。

これ、「リック(手癖)フレーズ」なんて言ってコレしかやらないと「リックプレイヤー」なんて揶揄されますが。

また、リックだけだと、瞬間的に「ハマって」も後が続きません。リックとはジャズの言葉であって、言葉は常にその曲想やテンポなどでカタチを変えます。
だからリックの変化形を練習するんですね。
コレと平行してガイドトーンという一曲丸々通している(魚の骨のような)音の動きを意識します。特に新しい曲に取り組むときは。

クリニックではガイドトーンを理解して「鬼の首を取った」方が三人いらっしゃいました。

こう言い切ってしまうと、「アイツはスリリングなソロできそうもないな」、と思われるでしょうね。

もちろんそれで構いません。

僕は過去のジャズジャイアンツが遺してくれた、素晴らしいメロディーラインとそれに相応しい音色を再現するような演奏を好みます。


ですから、ソニー・スティット(as.&ts.)のような職人肌の演奏をお手本に選ぶ事が多い。

どう演ってるかが説明しやすいですからね。

ジャズとは今までありえなかったサムシングがなければジャズではない!と言う考えをお持ちの方(特に後期のマイルス・ディビスを好む方に多いようです)には実際スリルがなく物足りない演奏かもしれません。

ただ、アドリブ初心者の方に、「滅茶苦茶でいいのでとにかく頭に浮かんだ事をやってみて」というのはかなり厳しいんじゃないかと思います。

僕はアドリブをやりたい方には、最低限のジャズ理論(特にコードとビ・バップスケール)の知識は勉強しておいた方がいいと思っています。
「コードを避けたい」という方が実は多いですが、ちょっとコード進行の仕組みを理解すれば、 「アドリブらしきもの」は案外早く出来るようになりますよ。

食わず嫌いを止めましょう!

で、本日のお奨めCDです。

stitt_plays.jpg お勧めCD:ソニー・スティット・プレイズ
まずこういう基本的に分かりやすい(多分)というか聴き易い(つまり耳に厳しくない)アドリブをお手本にするといいわけです。

コレ1曲目がジャズ研の1年生必修の「ゼア・ウィル・ネヴァー・ビー・アナザー・ユー」です。
スティットの演奏はもうお手本フレーズの洪水です。フレーズだけでなくソロの始め方とクロージングの仕方もね。この1曲コピーすればいろんな曲に応用出来ちゃいます。

ジャズアドリブの方法はたくさんあり、画期的な方法を編み出している方もいらっしゃいますので、皆さんもご自分に合うアドリブ会得の方法を研究してみてください。

2007年3月16日

春休みに差をつける宿題

さて、まもなく春休みですね。

ビジネスマンの人は関係ない?
いや、フレッシャーズに負けない技をこの時期に仕込んでおくのです。

いつかはクリアしなければいけないコードですが、春休みにこれだけ覚えましょう。

12keyのそれぞれのドミソです。
クリックで拡大

domisoドミソ大行進

まずこれをキーボードなどで弾いてください。 次に和音を下から順に吹いていってください。半音ずつ上がるたびに頭の中で「ドミソ」「ドミソ」と歌いながら吹きます。

「レファラ」「ミソシ」と歌ってはダメ。

これで「移動ド」の練習をします。

二週間でこの譜面を見ないで出来るようにしよう。

2007年2月14日

マイ・ビター・ヴァレンタイン

valentine.jpg


今日は「品格あるハケン社員」キャンディさんのクリニックでした。

「ハイ、コーチ!、ユア・スィート・ヴァレンタインですよ」

「え、これ全部もらえるんですか?スイマセンねえ」

「何言ってんですか!それぞれ義理のあるチョコたちです。 どうれか一つどうぞ!」

「あーじゃあこの茶色いヤツ頂きましょうか、どうも有り難う」

「ハーイ、じゃあ三月は3回クリニックタダになるんですよね?」

「どして?」

「ホワイトディは三倍返しだから」

「・・・・・」

キャンディさんの宿題の回答は以下に。

kaiketsu2.gif し・渋い。

2007年2月 6日

宿題を出そう!

kaiketsu1.gif

クリニックの学生さんが「アドリブってまるで分かりません、滅茶苦茶吹いていいんですか?」とおっしゃるので、
「まあ、そういう勇ましい方法もなくはないですが」と前置きをしつつ、
こんなのはいかがでしょうか。

上のメロディーはワタクシが作曲しました、他に類を見ない人生の悩みを堂々と解決するような壮大な楽曲でありますが(いいかげんにしろ)、

このコード進行にしたがって違うメロディーを付けてみましょう。

何?コードが分からない?

じゃあとりあえず、鍵盤楽器でDm7はレファラドを、G7はソシレファをCM7はドミソ を押さえてその音に乗っかるようなメロディを作ってみましょう。
音数が多いのが偉いわけではありません。
G7♭9の♭9っていうのはラ♭を鳴らすのがジャズっぽい解決のテーマになりそうだ!
それでは健闘を祈る。

アドリブの導入はさまざまな方法がありますから、練習する人のレベルやお好みで、「スケール」から入る人もいれば、「枯葉」をどうしても桜の咲く前に吹きたい!と言う人も居られるので、それぞれですが。

2006年11月21日

タンギング禁止月間!?

夏休み以来このカテゴリの投稿をサボっていました、どうもすみません。

さてさて、今回はようやく楽器を取り出します。
まずマウスピースにリード(最初はミディアムソフトかミディアム、番号であれば#21/2~#3)をリガチャーで装着(キツ過ぎず、ユル過ぎず、でもしっかり)。 ネックコルクにグリスを薄く塗り、マウスピースをネックに挿入します。
慣れてきたらリードが一番最後でもOK。

そして、シングルリップの人は上の歯をマウスピースに当て (噛んじゃダメですよ、置くだけ)下の歯の上に唇をごくゆるく巻きます。 上下の歯の位置は、ほぼそろうように。
大抵ちょっと下顎が出る感じです。

この時、決して下の歯を裏唇に食い込ませないようにしてくださいね。唇は (鉛筆)の練習で鍛えた「筋肉」がクッションのように支えます。
ダブルリップの人は出来るだけ浅くくわえます。

この時点ではあんまりアンブシュアの形に神経質にならなくてかまいません。
理由は後で分かります。

さて、最低音B♭から最高音F#(F)までの音が楽に出るでしょうか?
ここで注意するのは「絶対にタンギングをしないこと」です。
「エッ!?」って言う人いると思います。

タンギングはもちろんサックスを吹くには欠かせない技術ですが、 タンギングの練習は全音域でタンギングなしのロングトーンが正しいピッチで 吹けるようになってからやります。

これはクラシックもジャズもカンケーありません。

小学校のときにみんながやったリコーダー。
指使いがサックスと似ていることもあってイメージを重ねる人が多いです。僕もそうでした。
でもまったく違う楽器であることを認識しましょう。音色やピッチに悩んでいる人は、そのほとんどがリコーダーを吹くタンギングを「一所懸命」やっています。
舌突き(正しくは舌がリードから離れて音が出るのがタンギング)で音を立ち上がらせてしまうと適切なカタチのアンブシュアでなくても、その勢いで、とりあえず音は出てしまいます。
(ここが「サックスって簡単だよ」という人の意見のはじまりではないかと僕は思います)

つまり、息だけで音が立ち上がるというのは、

リードがその息にうまく反応してくれている結果
なんですね。
アンブシュアや口の中の容積、舌の位置(僕は下の歯と歯茎の境目に押しつけ、舌を立てるようにします)、などコントロールして、息だけでうまくリードが反応する感覚を身体でつかんでいきます。
息だけで音が立ち上がる(エアストリーム・アタックと説明する方もいらっしゃいます)ことがいつでもできると、タンギングは非常に効率良く練習できます。

そしてクラシックの楽曲などで左手パームキーの高い音域の連続音などは、タンギングをしない奏法の方が良い場合にも役立ちます。

それともう一つ!この正しいピッチでいい音が出たアンブシュアのカタチが自分にあったアンブシュアです。 形に神経質にならなくていい理由がここにあります。

よくマウスピースの先から1.3センチくわえるとか、顔の中心で吹くように、 とか鏡を見ながらものさしで計っている人もいるようですが、だいたい人間の顔なんて人によって、 唇の厚さ、歯並び、さらに言うと口の大きさだってまちまちですからあんまり意味はないと思います。
おおよその目安としてはいいかもしれません。

2006年5月31日

目を見開くといいことあるかな。

今日は目の周りの筋肉トレーニングです。

そんなことサックスで役に立つのかな?

役に立ったので、ご案内しておりますんですよ。


さあここでイメージしてください。

あなたは電車に乗っています。

トンネルの中です。

なが~いトンネルです。

今トンネルを抜けました。

目の前には真っ青な海が広がり太陽が燦燦と降り注いでいます。


あなたはとたんに重苦しい気持ちになり眼を閉じ、頭を抱えてしまったでしょうか?

もしそうだとしたら、音楽をやる前に心療内科を受診されることをお勧めします。

普通は目をパッチリと見開き、歓声を上げ、
子供なら「海だ海だ!」とはしゃぐでしょう。

このときの顔はおでこ(前頭筋)、眼の周り(眼輪筋)そして眉間(鼻筋)それぞれが持ち上がる結果、鼻腔が広がり声を出せば自然に大声が響いているはずです。

オペラ歌手はなんでいつもj顔がビックリしてるんだろうと思ったことはありませんか?

目を見開くことによって鼻腔を広げ、ノーマイクでもホールの隅々まで届く発声をしているのですね。

ジャズをやるにはデカイ音が必要になります。

「とりあえずデカけりゃいい」

という人もいるほどです。

さあこの目周りのの筋肉トレーニング(鏡を見てびっくりしたり元に戻したりするだけ。)を3分間したら、

サックスを持って吹いてみましょう。

そう、もっと息をたくさん吐いて。
さっきより、楽器響いてませんか?

2006年5月24日

馬面奏法その2

だいたい何のためにやるんだ?と思われるかたがいらっしゃると思います(僕もそうでした)。本日はもう少し解説します。

馬面奏法

実際楽器(もちろんサックスですよ!)を吹くときに、鼻の下を伸ばし頬を膨らませると、まさに下膨れの馬の顔になります。
そして下の歯茎を少し前に出してみましょう(もっと馬!)。すると下唇の圧力も小さくなるんです。そうアンブシュアを徹底的にリラックスさせるためなんですね。
馬面奏法は黒人のあのジャズの音の出る「唇」を目指しているわけです。

頬を膨らませるのはクラシックではタブーですが、のどを開くためです。
このとき顎の上の部分に皺=俗にいう梅干 が出来ていると思います。
気にしていないでください。出来ていて良いんです。
またまたクラシックではタブーですね。

僕の尊敬するジム・スナイデロ。彼のこの頬のふくらみが理想的です。

jim_playing_full.jpg

のどが開くとサックスとカラダが一体となって響くのが感じられるようになります。 今まで「音が細い」「音が貧弱」「ジャズの音じゃない!」という人は試してみてください。再度申し述べますがこの奏法は正規のクラシック奏法と両立はできません のでご注意ください。

その代わり今後練習するサブトーンやベントなどのジャズに欠かせない奏法が楽にできるようになります。

2006年5月18日

呼吸法で途方にくれるのをやめ馬面になる

さあて、皆さん腹式呼吸ですよ。フクシキ!
「腹式やれ、横隔膜呼吸やれ」っつったってはじめてじゃあ分かりませんよね。

笑い話なんですが、腹式呼吸ってホントにおなかに空気を入れると思ってる人が今もいるらしい。
そんなことしたらゲップが溜まるだけであります。

それと、 「俺は今<横隔膜を自在に動かして>腹式呼吸しているのだ!」 と言っているあのひと。本当だと思いますか?

実は横隔膜は不随意筋と言って、からだの中のコントロールできない筋肉なんです。 だけど教則本の中には「横隔膜を動かして」って書いてあったりするもんだから、 「チクショーオレの横隔膜は動かねー」と怒り心頭してしまうのですね。

その教則本は「結果として動いている」 ことを「動かして」と記述しているだけです。

私たちサックスを吹こうとする人間は、横隔膜がどうだこうだじゃなく、
とにかくサックスを吹くのに良い呼吸法はどうすればいいかを考えてみましょう。

腹式呼吸そのものの仕組みはほかのたくさんのサイト様が解説されているのでそちらでご覧くださいね。当サイトではほかで紹介されてない一味違うコツをご紹介します。

1.顔を馬面にして眼を見開く。
笑ったな!でも、これポイントなのです。みんなの好きなキャンディ・ダルファー。彼女だってほら吹くときは鼻の下長いでしょ。

candy.jpg

鼻の下が短い人は、意識して長くしてください!?鏡を見ながらどうぞ。ほら、やって見りゃできるじゃないですか。
彼女は目をつぶってますが、僕たちは練習のときは眼を開けましょう。カッと眼を見開くとこの後の練習メニューで相乗効果があります。ボイストレーニングなんかでもこの眼を見開く練習をします。

この「馬面奏法」はアンブシュアを作る上でも役に立ちますが、今は何も考えなくていいです。

<つづく>

2006年5月 8日

サックスが始めたくなったら

初心者の人はちゃんとした先生というかコーチにつくのがいいです。
自己流や知ったかぶりの先輩(ごめん!) に教わるとその癖を直すのが大変。 まず、いいコーチにつきましょう。

自分の好きなミュージシャン(格好=ルックスより音色で決めましょうね)に直接手ほどきをしてもらえれば最高かもしれません。
でも、そのミュージシャンがコーチの仕方については上手いとも限らないのは残念ながら事実のようです。
以下の先生方はお弟子さんの数がそれを物語っています。しかしそれだけでなく、 人柄の良さや、もちろん音色の素晴らしさで教わって間違いのない方々だと思います。
ちなみに管理人の師匠は山中先生でした。 山中良之先生
菊地康正先生
村岡建先生
内桶好之先生